【動画】ポテンシャルが高いJリーグ選手TOP20;鎌田大地、柴崎岳他

スポンサーリンク

 FIFA公認のサッカーゲーム『FIFA17』には、Jリーガーが実名で登場します。今回の記事では、ポテンシャル(将来性)が高く設定されている選手ランキングTOP20をまとめてみました。以下の通りです。

1位 鎌田大地 83
19歳、サガン鳥栖、現在値67


スポンサードリンク

2位 三好康児 81
19歳、川崎フロンターレ、現在値64

3位 アデミウソン 80
22歳、ガンバ大阪、現在値74

4位 中村航輔 79
21歳、柏レイソル、現在値65

4位 垣田裕暉 79
18歳、鹿島アントラーズ、現在値59

6位 中山雄太 78
19歳、柏レイソル、現在値64

6位 伊東純也 78
23歳、柏レイソル、現在値72

6位 関根貴大 78
21歳、浦和レッズ、現在値69

9位 キム・スンギュ 77
25歳、ヴィッセル神戸、現在値73

9位 岩波拓也 77
22歳、ヴィッセル神戸、現在値68

9位 増山朝陽 77
19歳、ヴィッセル神戸、現在値65

9位 柴崎岳 77
24歳、鹿島アントラーズ、現在値71

9位 野津田岳人 77
22歳、アルビレックス新潟、現在値67

14位 植田直通 76
21歳、鹿島アントラーズ、現在値69

14位 昌子源 76
23歳、鹿島アントラーズ、現在値70

14位 小川諒也 76
19歳、FC東京、現在値65

14位 遠藤航 76
23歳、浦和レッズ、現在値70

14位 長谷川竜也 76
22歳、川崎フロンターレ、現在値66

14位 茂木駿佑 76
19歳、ベガルタ仙台、現在値61

14位 ピーター・ウタカ 76
32歳、サンフレッチェ広島、現在値76

 将来性を最も高く評価されたのは、サガン鳥栖の19歳、鎌田大地でした。高卒2年目にして早くも不動のトップ下に定着。鋭いスルーパスでチャンスを量産しています。

 鹿島の選手としては、U-19日本代表FW垣田裕暉が最高評価で4位。この他、柴崎岳、植田直通、昌子源がランクインしています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク