過去10年間の鹿島ブラジル人ガチャ成功率がひどい

スポンサーリンク

 鹿島アントラーズはブラジル路線を続けているクラブですが、ここ最近は優良ブラジル人の獲得に失敗している印象があります。これを検証するため、過去10年間に鹿島が自力で探してきた(Jリーグ経験がない)ブラジル人選手一覧の補強結果を評価してみました。以下の通りです。(C契約の選手は除きます。)
 
2007年新加入
MFダニーロ 推定年俸8000万円
評価:B 通算成績:77試合6得点
高年俸に見合う活躍をしたかは意見が分かれるところだが、貴重なスーパーサブとしてリーグ3連覇に貢献。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

WCCF/11-12/A08/コリンチャンス/ダニーロ
価格:50円(税込、送料別) (2016/9/22時点)

DFファボン 推定年俸1億円
評価:E 通算成績:12試合2得点
ケガが多いうえ、ミスを連発。金の無駄遣いに。

2008年新加入
MFマルシーニョ
評価:D 通算成績:12試合0得点
ゴールが期待されたが無得点のまま退団。

2010年新加入
MFフェリペ・ガブリエル 推定年俸5000万円
評価:B 通算成績:47試合4得点
2列目の選手としては得点力がいまいちだったが、運動量豊富で守備に貢献。実は鹿島退団後の2012年にはブラジル代表に招集されている。

2011年新加入
FWカルロン 推定年俸5000万円
評価:F 通算成績:5試合1得点
移籍金2億円と噂されるが、まるで実力が足りずすぐに退団。完全なる金の無駄遣い。

FWタルタ
評価:D 通算成績:7試合0得点
カルロン退団に伴い緊急補強となったが、無得点。

2012年新加入
MFレナト
評価:C 通算成績:14試合2得点
決して悪くはなかったが、チームの中心とはならずに1年で退団。やはりシーズン途中での加入は難しい。

2014年新加入
MFルイス・アルベルト 推定年俸5000万円 
評価:C 通算成績:16試合2得点
ボール奪取能力が高い好選手だったが、柴崎や小笠原とポジションが被り、十分な出場機会を得られなかった。

2015年新加入
FWジネイ 推定年俸5000万円
評価:D 通算成績:10試合2得点
怪我が多すぎて実力を発揮できず。

2016年新加入
FWファブリシオ
評価:未定 通算成績:?

 今季に加入したファブリシオが10人目なのですが、これまでの9人の成功率はかなり低いです。年俸1億円のファボン、移籍金2億円のカルロンらで金をドブに捨ててきたのに対し、成功と言えるのはダニーロとフェリペ・ガブリエルくらいでしょうか。この2選手にしてもエース格というわけではなく、高年俸にふさわしい選手かというと微妙な印象でしたからね。最も活躍したダニーロですら通算6得点止まりであり10選手合計で20点しか取れていないのですから、笑えないです。

 この感じだと、鹿島強化部の独自路線に期待するよりは、かつてマルキーニョスを獲得した時のように他のJクラブで実績がある選手を強奪する方がはるかにましなように感じます。最近だと、ジュニーニョ、ダヴィもそれなりの成績を残しましたしね。今季はもう補強はないでしょうが、来期以降にどうするのか気になりますね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク