新旧・鹿島3番対決!昌子源vs岩政大樹データを比較してみた!天皇杯岡山戦プレビュー

スポンサーリンク

 9月22日の天皇杯3回戦で鹿島アントラーズは、ホーム・カシマスタジアムでJ2のファジアーノ岡山を迎え撃ちます。この試合の最大の注目は何といっても、3連覇メンバー・岩政大樹の凱旋。昌子源との新旧・鹿島の3番対決が期待されます(昌子はコンディション不良で欠場の可能性もありそうですが)。

 さて、今回は昌子源と岩政大樹の今季成績を比較してみました。昌子が岩政を超えている点、まだ勝てない点がはっきりと出ています。
※データは昌子はJ1、岩政はJ2のもの。全てニッカンサッカープレミアムを参照させていただきました。
2016y09m19d_190544371
スポンサードリンク

 まず、昌子源の方が優れているポイントから見ていきましょう。パス成功率は、ショートパス、ミドルパス、ロングパスの全てで昌子の方が上。足下の技術では勝っています。

 また、タックルやインターセプトというスピードが必要になる部門でも昌子の方が好成績です。

 一方、空中戦は攻守ともに岩政大樹の圧勝。岩政は相手陣内での空中戦勝利数が多く、セットプレーの頼れるターゲットになっていることがよく分かります。昌子は先日の磐田戦でようやく今季初ゴールを決めましたが、岩政はすでに5得点(うち4点がヘディング)。この点に関しては、もっと岩政を見習う必要がありますね。

 加えて、クリア数やシュートブロック数というゴール前で体を張るプレーでは岩政が勝利。高さ、強さは健在のようです。

 天皇杯の舞台で彼らがどのようなプレーを見せるのか要注目です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク