日本代表候補+α自陣空中戦勝利数ランキング;岩波拓也、植田直通他

スポンサーリンク

 9月5日、W杯ロシア大会アジア最終予選の予備登録メンバーとして日本は89選手が発表されました。このうち、今季のJ1で500分以上出場している(2nd 第11節終了時点)フィールドプレーヤーは49人です。彼らと、ブログ主推薦として鹿島系の土居聖真、鈴木優磨、カイオ、中村充孝、西大伍、伊東幸敏、山本脩斗の7人、さらに鹿島キラーの伊東純也を加えた合計57人についてプレー時間90分当たりのタックル成功数をそれぞれ調べ、多い順にランキングしました。予備登録メンバーのTOP20は、以下の通りです。

2016y09m19d_180439869
スポンサードリンク

自陣空中戦王者:岩波拓也(神戸)

 空中戦の守備で最も活躍しているのは、リオ五輪代表選手の岩波拓也(ヴィッセル神戸)でした。身長186cmの恵まれた体格を誇る、新世代のセンターバックの一人です。

 この他、岩波同様に五輪代表で活躍した身長186cmの植田直通(鹿島アントラーズ)、日本代表選手である身長182cmの槙野智章(浦和レッズ)らが上位を占めています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク