日本代表候補+αインターセプト数ランキング;高橋秀人、今野泰幸他

スポンサーリンク

 9月5日、W杯ロシア大会アジア最終予選の予備登録メンバーとして日本は89選手が発表されました。このうち、今季のJ1で500分以上出場している(2nd 第11節終了時点)フィールドプレーヤーは49人です。彼らと、ブログ主推薦として鹿島系の土居聖真、鈴木優磨、カイオ、中村充孝、西大伍、伊東幸敏、山本脩斗の7人、さらに鹿島キラーの伊東純也を加えた合計57人についてプレー時間90分当たりのインターセプト成功数をそれぞれ調べ、多い順にランキングしました。予備登録メンバーのTOP20は、以下の通りです。

2016y09m19d_170940977
スポンサードリンク

インターセプト成功数ナンバーワン:高橋秀人(FC東京)

 インターセプトが最も多いのは、FC東京のインテリ派ボランチ高橋秀人でした。東京学芸大学卒の高橋は教員免許を取得しており、今年6月より日本サッカー選手会会長を務めています。的確なポジショニングからのインターセプトが持ち味です。

 この他、タックル部門でも2位に入った今野泰幸、予備登録メンバーから外れているもののクロス部門で1位だった伊東幸敏らが上位に名を連ねています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク