日本代表候補+αタックル数ランキング;井手口陽介、昌子源他

スポンサーリンク

 9月5日、W杯ロシア大会アジア最終予選の予備登録メンバーとして日本は89選手が発表されました。このうち、今季のJ1で500分以上出場している(2nd 第11節終了時点)フィールドプレーヤーは49人です。彼らと、ブログ主推薦として鹿島系の土居聖真、鈴木優磨、カイオ、中村充孝、西大伍、伊東幸敏、山本脩斗の7人、さらに鹿島キラーの伊東純也を加えた合計57人についてプレー時間90分当たりのタックル成功数をそれぞれ調べ、多い順にランキングしました。予備登録メンバーのTOP20は、以下の通りです。

2016y09m19d_163101722
スポンサードリンク

タックル成功数ナンバーワン:井手口陽介(ガンバ)

 リオ五輪代表メンバーの井手口陽介が圧倒的な差でトップに立ちました。弱冠20歳の新鋭は、昨季はリーグ戦8試合の出場に留まりましたが、今季はボール奪取能力の高さを武器にブレイクして強豪ガンバ大阪の主力に定着。9月17日にはプロ初ゴールも記録しました。

 この他、DFとしては最高値となる昌子源、井手口の同僚である今野泰幸といった選手たちが上位に入っています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク