西大伍が代表に必要なことを証明;日本代表候補右SB能力ランキング

スポンサーリンク

 9月5日、W杯ロシア大会アジア最終予選の予備登録メンバーとして日本は89選手が発表されました。このうち、今季のJ1で500分以上出場している(2nd 第11節終了時点)右サイドバック/ウイングバックは3選手です。彼らについて攻撃系4指標(プレー時間90分当たりの枠内シュート数、ドリブル成功数、スルーパス成功数、クロス成功数)、守備系4指標(プレー時間90分当たりのタックル成功数、インターセプト成功数、こぼれ球奪取成功数、自陣空中戦勝利数)をそれぞれ調べ、8指標の合計数が多い順にランキングしました。この数字が多いほど、総合力の高い選手と言えます。なお、ブログ主推薦として、鹿島から西大伍、伊東幸敏を追加しています。

 それでは、そのランキングは以下の通りです。
2016y09m19d_133323250
スポンサードリンク

最優秀右サイドバック:西大伍(鹿島)

 予備登録メンバーを抑え、西大伍がトップでした。指標別にみると、スルーパス成功数、こぼれ球奪取数、自陣空中戦勝利数の3部門で1位。内田篤人離脱中の日本にとって、スルーパスの出し手を務められるサイドバックは貴重な存在。攻守のバランスを考えても、内田に代わる代表候補として必要な選手です。

 なお、その西と鹿島でポジションを争っている23歳の伊東幸敏はクロス成功数、インターセプト成功数が1位。クロス供給力が高く、将来性が期待されます。こちらも代表候補から漏れてはいけないはずの選手ですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク