永木亮太/倉田秋が代表に必要なことを証明;日本代表候補ボランチ能力ランキング

スポンサーリンク

 9月5日、W杯ロシア大会アジア最終予選の予備登録メンバーとして日本は89選手が発表されました。このうち、今季のJ1で500分以上出場している(2nd 第11節終了時点)ボランチは13選手です。彼らについて攻撃系4指標(プレー時間90分当たりの枠内シュート数、ドリブル成功数、スルーパス成功数、クロス成功数)、守備系4指標(プレー時間90分当たりのタックル成功数、インターセプト成功数、こぼれ球奪取成功数、自陣空中戦勝利数)をそれぞれ調べ、8指標の合計数が多い順にランキングしました。この数字が多いほど、総合力の高い選手と言えます。

 それでは、そのランキングは以下の通りです。
2016y09m19d_115411527
スポンサードリンク

最優秀ボランチ:永木亮太(鹿島)

 総合力トップは永木亮太でした。指標別にみると、こぼれ球奪取数で1位の他、クロス成功数&自陣空中戦勝利数2位、ドリブル成功数3位、タックル成功数4位、枠内シュート数&スルーパス成功数&インターセプト成功数5位と、全項目でTOP5入り。攻守ともに隙のない万能型選手と言えます。

 なお、上位にはいわゆる“守備型ボランチ”が並びました。攻撃型ボランチを評価するため、攻撃系4指標のみで選手たちをランキングすると以下の通り。
2016y09m19d_120130261

最優秀攻撃型ボランチ:倉田秋(ガンバ)

 攻撃力ではガンバの倉田秋が1位でした。もともとは左サイドハーフを主戦場とする選手ですが、今季はボランチとして最も多くプレー。守備が課題ではありますが、ボランチらしからぬドリブル能力は魅力的。一度はボランチとしての代表でのプレーが見てみたいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク