伊東純也/鈴木優磨が代表に必要なことを証明;日本代表候補+α右SH能力ランキング

スポンサーリンク

 9月5日、W杯ロシア大会アジア最終予選の予備登録メンバーとして日本は89選手が発表されました。このうち、今季のJ1で500分以上出場している(2nd 第11節終了時点)右サイドハーフは2選手のみです。彼らに、ブログ主推薦として同ポジションの若手有望株である伊東純也と鈴木優磨を加えた4選手について攻撃系4指標(プレー時間90分当たりの枠内シュート数、ドリブル成功数、スルーパス成功数、クロス成功数)、守備系4指標(プレー時間90分当たりのタックル成功数、インターセプト成功数、こぼれ球奪取成功数、自陣空中戦勝利数)をそれぞれ調べ、8指標の合計数が多い順にランキングしました。この数字が多いほど、総合力の高い選手と言えます。

 それでは、そのランキングは以下の通りです。
2016y09m19d_105806199
スポンサードリンク

最優秀右サイドハーフ:伊東純也(柏)

 予備登録されていない選手たちの方が上位に来ました。ハリルホジッチ監督の見る目の無さは相変わらずすごいです。

 そんな中、最高点をマークしたのは23歳の伊東純也。指標別にみると、ドリブル成功数、クロス成功数、タックル成功数、自陣空中戦勝利数で1位。複数ポジションをこなせ、攻守ともに貢献度が高い選手。特にドリブル&クロスが群を抜いており、優れたサイドアタッカーであることがよくわかります。

 これに続くのが、20歳の鈴木優磨。すでに8得点を記録している新鋭は、枠内シュート数が1位。サイドから中央に飛び込んでクロスに合わせるのが上手いです。故障離脱中の遠藤康とはほぼ互角の数字であり、遠藤復帰後にどちらがスタメン起用されるのか注目されます。

 伊東純也や鈴木優磨という優秀な若手が早く正当に評価されてほしいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク