中村憲剛/土居聖真が代表に必要なことを証明;日本代表候補+α OH能力ランキング

スポンサーリンク

 9月5日、W杯ロシア大会アジア最終予選の予備登録メンバーとして日本は89選手が発表されました。このうち、今季のJ1で500分以上出場している(2nd 第11節終了時点)オフェンシブハーフ(いわゆる1.5列目)は5選手です。彼らについて攻撃系4指標(プレー時間90分当たりの枠内シュート数、ドリブル成功数、スルーパス成功数、クロス成功数)、守備系4指標(プレー時間90分当たりのタックル成功数、インターセプト成功数、こぼれ球奪取成功数、自陣空中戦勝利数)をそれぞれ調べ、8指標の合計数が多い順にランキングしました。この数字が多いほど、総合力の高い選手と言えます。なお、彼らのほかにブログ主推薦として、鹿島の土居聖真も参考に比較しておきます。
※土居はセンターフォワードもしくは左サイドハーフでの出場が多いですが、適正ポジションはオフェンシブハーフかと思います。

 それでは、オフェンシブハーフの能力ランキングは以下の通りです。
2016y09m19d_002415646
スポンサードリンク

最優秀OH:中村憲剛(川崎)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

KENGO Academy〜サッカーがうまくなる45のアイデア〜中村憲剛監修
価格:21600円(税込、送料別) (2016/9/19時点)

 年間首位を走る川崎フロンターレを牽引する中村憲剛がトップでした。指標別にみると、スルーパス成功数、タックル成功数、インターセプト成功数で1位。攻守のバランスに優れ、特にスルーパスは2位の武藤雄樹に倍近い差をつけています。35歳ですが衰え知らずであり、日本代表に復帰すれば貴重な戦力になりそうですね。

 また、ブログ主推薦で特別参加させた土居聖真が実質2位。枠内シュート数、ドリブル成功数、クロス成功数、こぼれ球奪取数で1位に立ちます。この選手が予備登録から漏れているのは不可解。早く代表でのプレーを見たい選手の一人です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク