金崎夢生が代表に必要なことを証明;日本代表候補CF能力ランキング金崎vs.大久保vs.興梠etc

スポンサーリンク

 9月5日、W杯ロシア大会アジア最終予選の予備登録メンバーとして日本は89選手が発表されました。このうち、今季のJ1で500分以上出場している(2nd 第11節終了時点)センターフォワードは5選手です。彼らについて攻撃系4指標(プレー時間90分当たりの枠内シュート数、ドリブル成功数、スルーパス成功数、クロス成功数)、守備系4指標(プレー時間90分当たりのタックル成功数、インターセプト成功数、こぼれ球奪取成功数、自陣空中戦勝利数)をそれぞれ調べ、8指標の合計数が多い順にランキングしました。この数字が多いほど、総合力の高い選手と言えます。

 それでは、そのランキングは以下の通りです。
2016y09m18d_235952218
スポンサードリンク

最優秀CF:金崎夢生(鹿島)

 先日の騒動で代表から外された金崎夢生がトップでした。指標別に見てみると、枠内シュート数、ドリブル数、クロス数、こぼれ球奪取数の4項目で1位。シュート、ドリブル、パス、クロスとどの攻撃も選択できるオールラウンド振りが売りと言えます。

 今の代表はプレーエリアがかぶり中央で渋滞をきたすことが多いので、サイドに流れてのチャンスメイクも可能である器用な金崎夢生は活かしやすいでしょう。代表復帰の時期は早いかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク