J1クラブの外国人選手出場時間ランキング スタメン2人は助っ人じゃないと勝てない!?

スポンサーリンク

 1st stage王者の鹿島アントラーズが2nd stageで苦しんでいます。中東へ移籍したカイオの穴が埋まらず、昨日の柏レイソル戦ではクリスティアーノやディエゴ・オリヴェイラにのびのびとプレーされ、外国人選手の能力差を見せつけられました。やはり、“助っ人”を活用できないと、好成績を残すのは難しいのでしょうか?

 これを検証するため、J1の全18クラブについて、2nd stageにおける外国籍選手の合計出場時間を調べて多い順にランキングしてみました。以下の通りです。
スポンサードリンク

1位 ヴィッセル神戸 3632分15得点
キム・スンギュ 990分0得点
レアンドロ 966分7得点
ペドロ・ジュニオール 884分6得点
ニウトン 792分2得点

2位 川崎フロンターレ 3070分1得点
チョン・ソンリョン 990分0得点
エドゥアルド・ネット 956分0得点
エウシーニョ 935分1得点
エドゥアルド 189分0得点

3位 ジュビロ磐田 2709分9得点
アダイウトン 938分2得点
パパドプーロス 768分1得点
ジェイ 733分6得点
カミンスキー 270分0得点

4位 横浜F・マリノス 2635分7得点
ファビオ 900分2得点
カイケ 806分3得点
マルティノス 735分2得点
パク・ジョンス 194分0得点

5位 ガンバ大阪 2522分5得点
金正也 900分1得点 ※在日枠
アデミウソン 736分2得点
オ・ジェソク 636分0得点
パトリック 250分2得点

6位 ベガルタ仙台 2383分7得点
ハモン・ロペス 975分3得点
ウィルソン 727分4得点
パブロ・ジオゴ 89分0得点
梁勇基 592分0得点

7位 アルビレックス新潟 2370分6得点
レオ・シルバ 990分3得点
コルテース 714分0得点
ラファエル・シルバ 666分3得点

8位 サガン鳥栖 2127分2得点
金民友 990分2得点
キム・ミンヒョク 990分0得点
ムスタファ・エルカビル 147分0得点

9位 柏レイソル 1889分14得点
クリスティアーノ 990分7得点
ディエゴ・オリヴェイラ 874分7得点
ドゥドゥ 25分0得点

10位 アビスパ福岡 1759分1得点
キム・ヒョヌン 990分0得点
イ・ボムヨン 270分0得点
ダニルソン 258分0得点
ウェリントン 241分1得点

11位 サンフレッチェ広島 1758分4得点
ピーター・ウタカ 843分4得点
ミキッチ 660分0得点
アンデルソン・ロペス 244分0得点
キム・ボムヨン 11分0得点

12位 湘南ベルマーレ 1684分2得点
アンドレ・バイア 990分2得点
ジネイ 234分0得点
タンドウ・ベラピ 270分0得点
ウェズレー 190分0得点

13位 ヴァンフォーレ甲府 1615分3得点
ドゥドゥ 697分3得点
マルキーニョス・パラナ 586分0得点
ダヴィ 169分0得点
チュカ 90分0得点 ※抹消済み
ビリー・セレスキー 73分0得点

14位 大宮アルディージャ 1466分4得点
ネイツ・ペチュニク 578分1得点
マテウス 449分2得点
ドラガン・ムルジャ 439分1得点

15位 名古屋グランパス 1447分0得点
イ・スンヒ 761分0得点
シモビッチ 430分0得点
ハ・デソン 256分0得点

16位 FC東京 1380分4得点
ムリキ 885分3得点
ネイサン・バーンズ 421分0得点
ユ・インス 74分1得点

17位 鹿島アントラーズ 860分1得点
ファン・ソッコ 558分0得点
ブエノ 270分0得点
ファブリシオ 32分1得点

18位 浦和レッズ 233分2得点
ズラタン 233分2得点
元広島(西川、槙野、森脇、柏木、李、石原) 4414分7得点

 鹿島アントラーズは17位でした。スタメン格の選手がゼロですからね。ちなみに、1st stageはカイオ 1123分5得点、ブエノ 259分0得点、ジネイ 205分1得点で、合計1597分6得点でした。外国人選手の活躍度が激減しています。

 なお、2nd stageで7位以内に入っているクラブを見てみると、浦和を除けば、川崎、ガンバ、神戸、柏、鳥栖、横浜いずれも外国人選手が活躍しており、合計出場時間は1889分以上。常にスタメンに2人以上の外人が入っている計算になります。このくらいは“助っ人”の力がないとJリーグは勝ち抜けないのだと思われます。

 ちなみに、鹿島よりも唯一外国人選手の出場時間が少ないのが浦和レッズですが、浦和は外国人が少ない代わりに、元広島の選手が西川、槙野、森脇、柏木、李、石原と6人所属しており、彼らの2nd stageでの合計成績は4414分7得点!きわめて特殊な補強を行っているクラブであり、例外とみなすべきでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク