J2空中戦勝率ランキングTOP20;岩政大樹、山村和也他

スポンサーリンク

 22日の天皇杯3回戦で、鹿島アントラーズはホームでファジアーノ岡山と対戦します。岡山といえば、鹿島3連覇の立役者の一人である岩政大樹が所属するクラブ。果たして岩政先生の空中戦の強さは健在なのか?今季のJ2空中戦勝率ランキングTOP20をまとめて検証してみました。
※9/4時点で空中戦回数100回以上の選手のみが対象。
※ニッカンサッカープレミアムのデータを参照させていただきました。興味のある方はご登録を。
2016y09m04d_203323973
スポンサードリンク

 34歳になっても、やはり岩政大樹の高さは健在でした。空中戦勝率で堂々9位にランクインしています。このほか、クリア数ランキングで4位(144回)、シュートブロック数ランキングでも4位(22回)にランクイン。ファジアーノ岡山は現在J2で4位につけていますが、その牽引役の一人と言えそうです。もしかしたら来季はJ1の舞台で再戦することになるかもしれません。

 なお、鹿島アントラーズで100回以上の空中戦回数を記録している選手は4人。それぞれの勝率は、山本脩斗 61.5%、植田直通60.3%、昌子源54.1%、金崎夢生37.1%と、いずれも岩政大樹には及びません。高さよりも速さで勝負した方がよさそうですね。

 ちなみに、元鹿島アントラーズの山村和也は20位にランクイン。MFの中では最高勝率をマークしています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク