U20歴代J1得点数ランキング!鈴木優磨、中田英寿、小野伸二他

スポンサーリンク

 鹿島アントラーズの20歳、FW鈴木優磨が今シーズン早くも8得点をマークしています。それでは、史上最高の20歳以下の点取り屋は誰でしょうか?今回の記事では、20歳以下のシーズンでの得点数が多い選手ランキングTOP15をまとめてみました。以下の通りです。

1位 城 彰二 14得点
1995年、20歳、ジェフユナイテッド市原

2位 カレン・ロバート 13得点
2005年、20歳、ジュビロ磐田

3位 吉原 宏太 11得点
1998年、20歳、コンサドーレ札幌

4位 小川 慶治朗 9得点
2012年、20歳、ヴィッセル神戸

4位 原口 元気 9得点
2011年、20歳、浦和レッズ

4位 枝村 匠馬 9得点
2006年、20歳、清水エスパルス

4位 高原 直泰 9得点
1999年、20歳、ジュビロ磐田

4位 小野 伸二 9得点
1998年、19歳、浦和レッズ

4位 中村 俊輔 9得点
1998年、20歳、横浜F・マリノス

10位 鈴木 優磨 8得点+?
2016年、20歳、鹿島アントラーズ

10位 カイオ 8得点
2014年、20歳、鹿島アントラーズ

10位 柳沢 敦 8得点
1997年、20歳、鹿島アントラーズ

10位 中田 英寿 8得点
1995年、18歳、ベルマーレ平塚

14位 宇佐美 貴史 7得点
2010年、18歳、ガンバ大阪

14位 松原 良香 7得点
1994年、20歳、ジュビロ磐田

14位 松波 正信 7得点
1993年、19歳、ガンバ大阪

 そうそうたるメンバーが並んでいます。中田英寿、小野伸二、中村俊輔、高原直泰らの活躍は説明するまでもありませんね。一方で、カレン・ロバートのように、期待に比べて伸び悩んでしまった選手もいます。鈴木優磨の才能には眼を見張るものがありますが、彼が今後どのようなサッカー人生を送るのか要注目です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク