【鹿島】仙台戦MVPはこぼれ球奪取12回小笠原満男!

スポンサーリンク

 8月6日のベガルタ仙台戦で、鹿島アントラーズは0-1と敗れました。3連敗という泥沼です。

 ただ、そんな中でも活躍した選手もいます。今回の記事では、各選手の活躍度をデータで分析してみます。先発したフィールドプレーヤー10選手について、ニッカンサッカープレミアムのデータをもとに、スルーパス、ドリブル、クロス、こぼれ球奪取、インターセプト、タックルの6指標に関して成功数を調べてまとめてみました。その合計数が多い順にランキングして、トップを「当ブログ的MVP」に選出します!

 それでは、各選手のデータは以下の通りです。
2016y08m08d_195101404
スポンサードリンク

MVP:小笠原満男

 こぼれ球奪取数は、他を圧倒する12回。夏場の試合において、37歳のMF小笠原が最もセカンドボールを拾っていたわけです。スルーパス成功数も2回でトップ。攻守ともに違いを見せつけました。

 他の選手を見ると、31歳のDF山本脩斗が2位にランクインする一方で、MF遠藤康やFW土居聖真は仕事らしい仕事ができていません。ベテランだけに頼らず、中堅、若手に奮起して鹿島を立てなおしてもらいたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク