データで選ぶ浦和戦MVP!こぼれ球奪取8回柴崎岳

スポンサーリンク

 7月24日の浦和レッズ戦で、鹿島アントラーズは1-2と敗れました。年間勝ち点で浦和に並ばれるという手痛い結果に終わっています。

 ただ、全選手の出来が悪かったわけではありません。今回の記事では、各選手の活躍度をデータで分析してみます。先発したフィールドプレーヤー10選手について、ニッカンサッカープレミアムのデータをもとに、スルーパス、ドリブル、クロス、タックル、こぼれ球奪取の5指標に関して成功数を調べてまとめてみました。その合計数が多い順にランキングして、トップを「当ブログ的MVP」に選出します!

 それでは、各選手のデータは以下の通りです。
2016y07m25d_200507663
スポンサードリンク

MVP:柴崎岳

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

フットボールサミット(第34回) [ 『フットボールサミット』議会 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/7/25時点)

 当ブログ的MVPはMF柴崎岳です。こぼれ球奪取数が8回でクラブ最多。特に前半の45分間については中盤で上手くボールを奪い、相手のMF柏木などに仕事をさせませんでした。また、攻撃面でもスルーパス3本が成功。このところは調子が良いように感じますね。

 浦和戦では残念ながら結果につながりませんでしたが、次の鳥栖戦では柴崎のプレーで鹿島を勝利に導いてもらいたいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク