【Jリーグ】クロスの名手ランキング 成功率38%三竿雄斗他

スポンサーリンク

 Jリーグ選手の中でクロスが上手い選手は誰でしょうか?今回の記事では、2nd stage 第3節終了時点で10以上のクロス成功数を記録した選手を対象に、クロス成功率ランキングTOP20をまとめてみました。なお、データはニッカンサッカープレミアムのものを参照しています。それでは、ランキングは以下の通りです。
2016y07m19d_014430051
スポンサードリンク

No.1 クロッサー:三竿 雄斗(湘南)

 最高のクロス成功率を誇るのは、湘南で主にCBとしてプレーする25歳の三竿雄斗。鹿島の三竿健斗のお兄さんです。三竿雄斗はパス数でも湘南のクラブ内で最多ですし、DFでありながら攻撃への貢献度が高いと言えます。

 そして、鹿島からはカイオも含めると6人がランクイン。左SBの山本脩斗、控え右SBの伊東幸敏が3位に入りました。伊東は、西大伍とのレギュラー争いに向けて好成績を残していますね。

 また、個人的に意外だったのは金崎夢生が上位にランクインしていること。「そんなにクロス上手かったっけ?」と動画探してみたら、いい動画がありました。↓

 この動画の何が凄いって、利き足ではない左足であれだけ早くて正確なクロスを上げているんですよ。金崎のスキルの高さを感じました。

 2nd stageでもクロスを有効に使い、得点を積み上げていきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク