神戸vs鹿島FW陣年俸比較;金崎夢生の移籍はありうるのか?

スポンサーリンク

 驚きのニュースが飛び込んできました。ヴィッセル神戸が鹿島アントラーズのエースFW金崎夢生の獲得を狙っているとスポーツ報知が報じています。

 それにしても、今年の神戸のFW補強への大盤振る舞いは凄印象があります。ここで、両クラブの主力FWの年俸TOP5を比較してみましょう。

<ヴィッセル神戸> 計9億4500万円
ポドルスキ 6億   円 ※新戦力
レアンドロ 1億6000万円
ハーフナー   7000万円 ※新戦力
田中 順也   6500万円 ※新戦力
渡邉 千真   5000万円

<鹿島アントラーズ> 計1億9700万円
ペドロ・ジュニオール 8000万円 ※新戦力
金崎 夢生 6500万円
土居 聖真 3000万円
鈴木 優磨 1200万円
金森 健志 1000万円 ※新戦力

 両クラブの金銭格差がすごいですね。神戸はすでに年俸6億円で元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキを、年俸7000万円で元日本代表FWハーフナー・マイクを、年俸6500万円で同じく元日本代表FWの田中順也を獲得しています。

 もしも金崎夢生獲得となれば、ハーフナーや田中以上の金額を提示するでしょうし、現在の鹿島の年俸よりは上がるでしょう。移籍金に数億円はかかりますが、楽天マネーなら不可能ではないはずです。

 違約金を神戸が満額払うのであれば、あとは金崎の意思次第となります。金崎は今年は怪我が多いとはいえ、やはり鹿島にとっては欠かせないエースです。鹿島側は年俸をアップしてでも引き止めてほしいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク