【ACL】優勝オッズをブックメーカーが発表!鹿島の評価が主力離脱で急落。大穴扱いに

スポンサーリンク

 アジア・チャンピオンズリーグは決勝トーナメントに進む16クラブが決まりました。ここからが佳境となるわけですが、現時点での優勝クラブ予想オッズを海外ブックメーカーの188betが発表しています。以下の通りです。なお、開幕前時点での優勝クラブ予想オッズと共に記載していきます。(開幕前評価一覧はこちら)

1番人気 広州恒大 4.5倍(開幕前5.5倍)
2番人気 上海上港 6.0倍(開幕前8.5倍)
3番人気 アルヒラル 7倍(開幕前12倍)
4番人気 江蘇蘇寧 10倍(開幕前10倍)
5番人気 アルアハリジッダ 12倍(開幕前13倍)
5番人気 浦和 12倍(開幕前23倍)
7番人気 アルアイン 13倍(開幕前26倍)
8番人気 エステグラル 16倍(開幕前34倍)
8番人気 済州 16倍(開幕前17倍)
8番人気 川崎 16倍(開幕前26倍)
8番人気 レフウィヤ 16倍(開幕前26倍)
12番人気 ペルセポリス 18倍(開幕前34倍)
13番人気 アルアハリドバイ 21倍(開幕前17倍)
14番人気 鹿島 26倍(開幕前17倍)
14番人気 ムアントン 26倍(開幕前101倍)
16番人気 エステグラル・フーゼスターン 36倍(開幕前34倍)
スポンサードリンク
 開幕前に比べて最も評価が落ちてしまったのが、鹿島アントラーズ。開幕前時点では日本のクラブとしては最高評価だったのですが、今や大穴扱いです。

 開幕前と今の鹿島との違いといえば、主力選手が軒並み怪我で離脱していること。この前のヴィッセル神戸戦ではレギュラー格のうち、MF遠藤康、MFレオ・シルバ、DF山本脩斗、DF植田直通の4人が不在で、FW金崎夢生、DF昌子源も怪我を押しての強行出場でした。

 しかも間の悪いことに、鹿島が次にACLで対戦するのは1番人気の広州恒大。少なくとも遠藤康とレオ・シルバという主力中の主力である2選手の欠場が決まっています(関連記事:レオ・シルバ&遠藤康の戦線離脱が痛すぎる;ドリブル&パス&デュエル最高の選手が不在に)。

 海外ブックメーカーの評価は非常にシビアなわけで、端的に表現すると「怪我人続出の今の鹿島が、広州恒大相手にベスト8に進出できるわけがない」と考えられています。果たして、鹿島は控え選手の活躍でこの評価を覆せるのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク