【ACL】戦力図に異変!GL突破クラブ国別推移グラフ;中国>韓国は史上初

スポンサーリンク

 アジア・チャンピオンズリーグの東地区グループリーグを勝ち抜ける8クラブが確定しました。日本勢3(鹿島/川崎/浦和)、中国勢3(広州、江蘇、上海上港)、韓国勢1(済州)、タイ勢1(ムアントン)です。

 日中の活躍が目立ちましたが、過去の大会と比較してどうでしょうか?これを検証するため、ACL参加クラブが32に拡大された2009年以降に東地区のグループリーグを突破したクラブの国別数をグラフでまとめてみました。以下の通りです。

スポンサードリンク
 このグラフから分かる主な要点は、

1. 毎年GL突破クラブを出しているのは日韓のみ。
2. 日本勢の3クラブ勝ち抜けは3年振り。
3. 中国勢の3クラブ勝ち抜けは史上初。
4. 韓国勢勝ち抜けが1クラブに留まるのは史上初。
5. 中国>韓国となるのは史上初。
6. 豪州勢全滅は2年振り。
7. タイ勢勝ち抜けは4年振り。

 というところでしょうか。これまではJリーグ勢にとっての最大のライバルはKリーグでしたが、これからは“爆買い”のCリーグ勢が問題になってきそうです。豪州勢の低迷やタイ勢の躍進も含め、今後の戦力バランスの推移が気になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク