【動画付】データで選ぶ名古屋戦MVP!スルーパス7本中村充孝

スポンサーリンク

 7月9日のサンフレッチェ広島戦で、鹿島アントラーズは4-2と完勝しました。新人FW垣田裕暉が初起用されるなど、主力を大幅に入れ替えながらの勝利です。

 さて、今回の記事では、各選手の活躍度をデータで分析してみます。先発したフィールドプレーヤー10選手について、ニッカンサッカープレミアムのデータをもとに、スルーパス、ドリブル、クロス、タックル、こぼれ球奪取の5指標に関して成功数を調べてまとめてみました。その合計数が多い順にランキングして、トップを「当ブログ的MVP」に選出します!

 それでは、各選手のデータは以下の通りです。
2016y07m17d_145635444
スポンサードリンク

MVP:中村 充孝

 2選手がトップで並びましたが、先制ゴール(上動画参照)を決めたことを評価し、当ブログ的MVPはMF中村充孝に決定しました!スルーパス数7回は圧巻の一言。また、守備でも活躍。前節(広島戦)では、タックル数、こぼれ球奪取数共に0でしたが、今節ではタックル数2、こぼれ球奪取数3と大幅に改善。この活躍を続ければ、カイオの穴はなくなるかもしれません。

 この他、こぼれ球奪取数がダントツだったMF鈴木優磨、好調をキープするFW土居聖真が上位。垣田もデビュー戦としては上々の出来です!「誰が出ても鹿島は鹿島」と言われるよう、若手からの突き上げが期待されますね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク