柴崎岳最多!ルーゴ戦テネリフェ選手ラストパス供給本数ランキング;左サイドの攻撃が81%!!

スポンサーリンク

 スペイン2部・テネリフェのMF柴崎岳が2度目のフル出場を果たしました。テネリフェは2-1で勝利を飾りました(ハイライト動画は下参照)。

 この試合での柴崎岳は、現地メディアで高い評価を受けています。


スポンサードリンク

 攻撃のタクトを振るう柴崎岳の活躍を証明するデータがあります。この試合でのテネリフェ選手のラストパス(シュートに直接繋がったパス)供給本数ランキングは以下の通りです。
※sofascore掲載のoptaデータより

1位 左SH 柴崎岳 5本(ビッグチャンス1)
2位 左SB Camille 4本(ビッグチャンス1)
3位 右SH Suso 1本
3位 右SB Raul Camara 1本

 柴崎岳が最多5本のラストパスを記録しました。さらに特筆すべきが、チーム全体の11本のラストパスのうち81%を占める9本を、左サイドの柴崎岳とCamilleの2人で記録していること。完全にテネリフェの攻撃は、柴崎岳のいる左サイドから展開されたことがよくわかりますね。

 真価を発揮しつつある柴崎岳の今後が楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク