【動画】那須大亮「お前(森脇)が悪い!」;森脇良太&浦和の嘘の決定的証拠となる音声データを公開

スポンサーリンク

 先日の浦和 vs. 鹿島戦での、森脇良太選手のレオ・シルバ選手への人種差別発言疑惑について、両クラブ側の意見が発表されました。

 要約すると、

<浦和>
・森脇良太選手は小笠原満男選手に「おまえだけは入ってくんじゃねぇ、ボケ」と言われたので、「口がくさい」と言い返したのみ。
・森脇選手はレオ・シルバ選手には何も言っていない。
・小笠原選手が嘘をついており、小笠原選手は人格がおかしい。

<鹿島>
・森脇選手がレオ・シルバ選手に「くせえな、お前」と発言した。
・小笠原選手が「おまえだけは入ってくんじゃねぇ、ボケ」と発言した事実はなく、森脇選手が嘘をついている。
・森脇選手は過去にカイオ選手やダヴィ選手にも同様の発言をした。

という内容です。両クラブの主張は完全に矛盾しており、どちらかがクラブぐるみで嘘をついていることになります。浦和が嘘をついている場合は、人種差別容認と小笠原選手への名誉棄損が問題になります。一方、鹿島が嘘をついている場合には森脇選手への名誉棄損になります。

 では、どちらの主張が正しいのか。動画を見てみると、決定的な証拠となる音声が残っていました。こちらをご覧ください。


スポンサードリンク
森脇良太選手が騒動の輪に入ってきてからの一連のシーンです。森脇選手がレオ・シルバ選手に近づいた直後、レオ・シルバ選手が森脇選手に対して激高して肩をぶつけています(2秒時点)。

 動画は森脇選手(浦和46番)が近寄ってきたところからスタートします。その直後(2秒頃)、レオ・シルバ選手(鹿島4番)が森脇選手に対して激しく肩をぶつけ、怒りをあらわにしました。次に、森脇選手とレオ・シルバ選手の間に、小笠原選手(鹿島40番)、那須大亮選手(浦和4番)、ラファエル・シルバ選手(浦和8番)が入ってきます。そして、那須選手は森脇選手に対して「お前が悪い!お前が悪い!」と注意しています(動画終了直前)。

 つまり、この動画・音声は、

森脇良太選手はレオ・シルバ選手に対して、味方の那須大亮選手から「お前(森脇選手)が悪い」と一方的に断罪されるほどのことをした。

という動かぬ証拠です。(他の角度からのスローVTRでの詳しい検証はこちらをご覧ください。)

 ここで浦和側の主張を再確認しましょう。

・森脇良太選手は小笠原満男選手に「おまえだけは入ってくんじゃねぇ、ボケ」と言われたので、「口がくさい」と言い返したのみ。
・森脇選手はレオ・シルバ選手には何も言っていない。
・小笠原選手が嘘をついており、小笠原選手は人格がおかしい。

 いずれも完全に音声証拠と矛盾しています。森脇良太選手が嘘をついているだけではなく、それが嘘だと知っている那須大亮選手にも緘口令をしいているわけで、組織的な隠ぺいを行っていることが示されました。

 過去に浦和レッズは人種差別行為で無観客試合を命じられた際、下記の宣言をしました。

『差別撲滅宣言』
浦和レッドダイヤモンズは、サッカーファミリーの一員として、第63回国際サッカー連盟(FIFA)総会(2013年)で採択された「人種差別主義及び人種差別撲滅に関する決議」を最大限に尊重し、人種、肌の色、性別、言語、宗教、または出自などに関する差別的あるいは侮辱的な発言または行為を認めないことを宣言します。
サッカーはスポーツや社会から差別を撲滅する力を持っています。
私たちはサッカーを通じて結ばれた仲間と共に差別と戦うことを誓います。

浦和レッドダイヤモンズ株式会社
代表取締役社長
淵田 敬三

 しかしながら実際には、差別を組織ぐるみで隠し、相手選手の人格攻撃でごまかそうとしています。動画・音声で偽証が暴かれた今、どのように対処するのでしょうか。




 また、Jリーグの村井チェアマンは過去に浦和が人種差別を繰り返せば厳罰に処すと公言しています。

「3月8日、浦和-鳥栖戦におきまして一部サポーターによる差別的な言動、行為がありました。J全体を統括するチェアマンとして多大なご迷惑をおかけしたことをおわび申し上げます」と謝罪の意を明言。

(中略)

「クラブ側も差別的な行為に加担したということになりますと伝えました」と説明した。

 浦和のサポーターは10年の仙台戦で今回と類似した問題を起こしており、それ以外にも度重なるトラブルを起こしていることも重視された。「FIFAや日本協会の規約に基づき、過去にも累犯があったこともあり重大なことと受け止めた。こうした行為が改善されなければ、そのようなこと(勝ち点の減免、降格など)も視野に入る」と厳しく話した。

今回の事件は所属する森脇良太選手の差別発言だけにとどまらず、浦和というクラブ全体の不正であり、過去に類をみない悪質な事例です。村井チェアマンは浦和ファンを公言していますがこれをかばうとなると、Jリーグは差別を容認する組織であることになります。私は、サッカーはスポーツや社会から差別を撲滅する力を持っていると信じたいです。

(追記)
Jリーグが差別問題を有耶無耶にしようとしているとの報道があったため、本音声を証拠としてJリーグ/文部科学省/ナイキ/KFCに提出いたしました。Jリーグから差別を追放するために一人でも多くの方のご協力をお願い申し上げます。→『森脇良太選手/浦和レッズの嘘の証拠動画・音声をJリーグ/文部科学省/ナイキ/KFCに提出しました;Jを人種差別から救うために皆様のご協力を

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク