歴代J1最多勝利選手ランキング;小笠原満男&曽ヶ端準は?

スポンサーリンク

 本日のベガルタ仙台戦で、鹿島アントラーズのMF小笠原満男&GK曽ヶ端準の黄金世代コンビが、J1通算500試合出場を達成します。歴代で7人目&8人目の快挙です。

 常勝鹿島の一員として彼らは非常に多くの勝利を積み重ねてきました。それでは、小笠原と曽ヶ端の通算での勝利数はJ1史上で何番目に多いのでしょうか?

 これを検証するため、今回の記事ではJ1リーグ戦での通算勝利数が多い順に選手をランキングしました。TOP20は以下の通りです。
※2017年4月15日現在。

1位 楢崎 正剛 294勝(113分224敗)/631試合
2位 遠藤 保仁 264勝(103分176敗)/543試合
3位 小笠原満男 262勝( 89分148敗)/499試合
4位 曽ヶ端 準 260勝(101分138敗)/499試合
スポンサードリンク
5位 伊東 輝悦 248勝( 77分192敗)/517試合
6位 阿部 勇樹 242勝(106分161敗)/509試合
7位 山田 暢久 242勝( 84分175敗)/501試合
8位 中澤 佑二 239勝(134分170敗)/543試合
9位 藤田 俊哉 235勝( 42分142敗)/419試合
10位 大岩  剛 229勝( 46分111敗)/386試合
11位 明神 智和 223勝(102分172敗)/497試合
12位 服部 年宏 222勝( 44分115敗)/381試合
13位 秋田  豊 219勝( 40分132敗)/391試合
14位 中山 雅史 215勝( 27分113敗)/355試合
15位 福西 崇史 212勝( 34分103敗)/349試合
16位 山口  智 206勝( 70分172敗)/448試合
17位 田中  誠 205勝( 45分110敗)/360試合
18位 闘 莉 王 203勝( 74分118敗)/395試合
19位 新井場 徹 202勝( 84分137敗)/423試合
20位 青木  剛 201勝( 82分100敗)/383試合

 J1史上最多勝は、名古屋グランパス所属のGK楢崎正剛の294勝でした。今季はJ2でプレー中ですが、来季にJ1に復帰すれば史上初の300勝達成が見えてきます。

 現役J1プレイヤーの中ではガンバ大阪のMF遠藤保仁が264勝で最多。これに僅差で続くのが、小笠原満男の262勝と曽ヶ端準の260勝です。小笠原は今季も鹿島のレギュラーですが、昨季はリーグ戦で16勝を挙げたことを考えると、約2年後には史上最多勝を更新している可能性もあります。

 勝利の味を知る小笠原と曽ヶ端のコンビが、どこまで勝利数を伸ばせるのか注目です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク