森脇良太の“ガッツポーズ”挑発は浦和のお家芸?槙野智章vs高山薫ガッツポーズ事件を振り返る

スポンサーリンク

 アジアチャンピオンズリーグの浦和レッズvs.上海上港戦で、事件が発生しました。ペナルティキックを失敗した上海所属のブラジル代表MFオスカルに対して、浦和DF森脇良太が挑発行為を行ったのです。

 まずは、動画をご覧ください。


スポンサードリンク
 PK失敗後のオスカルに対して、森脇がわざわざ目の前にまで走りこんで、“ガッツポーズ”を見せつけるという挑発行為を行ったのです。浦和GK西川周作が「これはまずい」と感じたようで、すぐにつきとばしましたが、明確な「反スポーツ的行為」であり、退場でもおかしくありませんでした。

 この事件に関して、中国の大手メディアも反応。スポーツメディアの『網易体育』は、先日に相手のPK失敗を煽って出場停止処分を受けた上海申花MFソン・シリンの例と似ているとしたうえで、「スポーツマンシップ」に反すると指摘する記事を掲載しています。

 さて、ここで思い出すこととして、浦和の選手が相手に向かって“ガッツポーズ”で挑発するのは、今回が初めてではないのですよね。2年前の湘南ベルマーレ戦での、浦和DF槙野智章のプレーをご覧ください。



 湘南FW高山薫との競り合いを制した槙野が、高山に向かって目の前で2回もガッツポーズで挑発。高山が大人な対応を取ってくれたので大事には至りませんでしたが、これも「反スポーツマン的行為」として処分されてもおかしくありませんでした。

 森脇良太&槙野智章というと、昨年は鹿島戦でPKキッカーのFW鈴木優磨を挑発したこともありましたね。元広島組のDFコンビはどうも似たキャラクターのようですが、こういったプレーはいつ退場を命じられても文句を言えませんから、気を付けてもらいたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク