【Jリーグ】同一クラブでのJ1出場試合数が多い選手ランキング;小笠原満男&曽ヶ端準が今期中にトップに?

スポンサーリンク

 鹿島アントラーズのMF小笠原満男とGK曽ヶ端準が、J1通算500試合出場にリーチをかけています。一つのクラブで500もの試合に出続けることはどれだけ大変なのでしょうか?

 それを検証するため、同一クラブでのJ1出場試合数が多い選手ランキングTOP10をまとめてみました。以下の通りです。なお、現在記録更新中の選手は太字で表します。

1位 楢崎 正剛 527試合/名古屋
2位 伊東 輝悦 511試合/清水
3位 山田 暢久 501試合/浦和
4位 小笠原満男 499試合/鹿島
4位 曽ヶ端 準 499試合/鹿島
スポンサードリンク
6位 遠藤 保仁 473試合/G大阪
7位 中澤 佑二 459試合/横浜FM
8位 森﨑 和幸 417試合/広島
9位 二川 孝広 394試合/G大阪
10位 松田 直樹 385試合/横浜FM

 小笠原と曽ヶ端は4位にランクインしています。今シーズンも記録を更新している選手の中ではトップです。もし、彼らが今季の残り試合すべてに出場すれば、楢崎正剛を抜いて史上最多記録となります。

 それにしても、これほどの功労者が同期で入団してくるというのはまさしく奇跡的なこと。彼らの記録がどこまで伸びるのか注目したいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク