「99.999%」JリーグがFC東京のために日程を操作したことが判明;ACL参加クラブの疲弊狙い

スポンサーリンク

 今シーズン、Jリーグからは鹿島アントラーズ、浦和レッズ、川崎フロンターレ、ガンバ大阪の4クラブが、アジアチャンピオンズリーグに参戦しています。

 この4クラブは当然優勝候補ですが、ACLとの連戦には苦慮しています。特に、鹿島の場合は蔚山現代、浦和なら上海上港、川崎なら広州恒大、G大阪なら江蘇舜天との試合がグループステージ最大の山場(参考記事:ACL優勝予想オッズ)。したがって、その前後に組まれるJリーグの試合では主力を起用しにくい、きわめて不利な状況です。

 つまり、他のJ1クラブからすると、このタイミングでACL出場クラブと対戦できれば、強力メンバーとの試合を避けられるので、非常に有利になります。

 さて、ここでそのラッキーな日程を引き当てたクラブを確認してみると、

鹿島アントラーズ
2/21蔚山現代→2/25FC東京
4/22磐田→4/26蔚山現代→4/30鳥栖
スポンサードリンク
浦和レッズ
3/10甲府→3/15上海上港(→3/19G大阪)
4/7仙台→4/11上海上港→4/16FC東京

川崎フロンターレ
3/10柏→3/14広州恒大→3/18FC東京
4/8甲府→4/12広州恒大→4/16札幌

ガンバ大阪
3/11FC東京→3/15江蘇舜天(→3/19浦和)
4/7広島→4/11江蘇舜天→4/16C大阪

 なんと、FC東京のみが、ACL出場4クラブ全てに対して最高のタイミングでの試合を引き当てています。他のクラブは甲府が2回当たっているだけで、それ以外は1回当たっているクラブが7つ、1つも当たらないクラブが5つ(ACL出場クラブ自身は除く)であることを踏まえると、明らかに異常。

 FC東京が鹿島・浦和・川崎・G大阪の全てとACLの山場の試合との前後で対戦できる確率を計算すると、

(3/14)×(3/14)×(4/14)×(3/14)=0.001%

 つまり、FC東京を勝たせたいというJリーグ協会の祈りが「0.001%の奇跡」を引き寄せたのでなければ、「99.999%」の確率で協会側がFC東京のために「日程を不正に操作」しているわけです。




 もともと、FC東京の協会との蜜月関係は有名です。FC東京は過去に一度もリーグ優勝を飾ったことがなく、カップ戦でも2011年を最後にタイトルを取れていない、実力的には平々凡々なクラブであり、昨季のJ1順位も9位だったのですが、なんと現在の日本代表候補に登録されている選手数は12人ということで、浦和の9人や鹿島の6人を大きく上回っています。

 さらには、DAZNのCMでは、強豪でもないFC東京所属の森重が主役として起用される始末。JリーグNo.2に元FC東京監督・原博美が着任しているため、やりたい放題です。

 特に、今季はFC東京のラフプレーを審判団が黙認しており、すでに鹿島DF西大伍をFC東京FW永井が踏みつけで、G大阪GK東口順昭をFC東京FW大久保が膝蹴りで破壊(いずれもノーファウル)。両クラブとも次のACLの試合で彼らを起用することが出来ず敗戦し、大きな打撃を受けました。

 また、鹿島戦では爆笑物の下手くそなシミュレーションで絶好のFKのチャンスを得たり、G大阪戦では明らかな誤審でPKを得たり、川崎戦では橋本が再三再四悪質なファウルを繰り返したのに二枚目のイエローカードが出なかったりと、今年のJリーグはACL参加クラブを妨害してFC東京に悲願のリーグ制覇をもたらすためには何でもしています。

 ACL参加クラブは国内から不正に足を引っ張られるというつらい立場ですが、なんとか選手を壊されないようにして、両方の戦いを進めていかねばなりませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク