【動画】佐藤昭大はJ史上8人目!歴代GKのゴールまとめ【Jリーグ】

スポンサーリンク

 ロアッソ熊本に所属するGK佐藤昭大が、本日のモンテディオ山形戦で大仕事を成し遂げました。1点リードされた後半アディショナルタイム。コーナーキックのチャンスに相手ペナルティエリア内に攻めあがった佐藤が、何とヘディングでのゴールを決めて、クラブに貴重な勝ち点1をもたらしたのです!

 今回の記事では、過去のJリーグでGKが決めたゴールに注目。動画を交えつつまとめてみました。以下の通りです。

1人目 田北雄気(当時浦和レッズ) 
J1、1996年11月9日、横浜フリューゲルス戦、相手GK:楢崎正剛
※PKでのゴール。田北はPK戦でキッカーを務めることもあった。


スポンサードリンク
2人目 松永成立(当時京都サンガ)
ナビスコ杯、1999年4月7日、モンテディオ山形戦、相手GK:鈴木克美
※クリアボールが風に乗ってそのままゴール。ちなみに、このプレーは「トリビアの泉」で「元日本代表のゴールキーパーが蹴ったパスが 風に乗ってそのまま相手ゴールに入ったことがある」と紹介され、「81へぇ」を獲得。
※動画は見つかりませんでした。

3人目 菅野孝憲(当時横浜FC) 
J2、2004年7月10日、サガン鳥栖戦、相手GK:富永康博
※直接FKで蹴ったボールが大きくバウンドしてゴール。





4人目 高木義成(当時東京ヴェルディ)
J2、2006年7月12日、ベガルタ仙台戦、相手GK:高桑大二朗
※直接FKで蹴ったボールが大きくバウンドしてゴール。
※動画は見つかりませんでした。

5人目 村山智彦(当時松本山雅)
J2、2013年11月10日、モンテディオ山形戦、相手GK:常澤聡
※直接FKで蹴ったボールが大きくバウンドしてゴール。






6人目 土井康平(当時グルージャ盛岡)
J3、2014年6月15日、パルセイロ長野戦、相手GK:田中謙吾
※直接FKで蹴ったボールがバウンドしてゴール。
動画はこちら→https://vine.co/v/MIO5g25l1UV

7人目 山岸範宏(当時モンテディオ山形)
J1昇格プレーオフ、2014年11月30日、ジュビロ磐田戦、相手GK:八田直樹
※CKからヘディング






8人目 佐藤昭大(ロアッソ熊本)
J2、2016年3月12日、モンテディオ山形戦、相手GK:児玉剛
※CKからヘディング






 FKで蹴ったボールがバウンドして入ったのが4人、CKからのヘディングが2人、クリアボールがバウンドして入ったのが1人、PKを決めたのが1人です。それにしても、過去8回のGKゴールのうち4回に山形戦が登場しているのはすごいですね。

 ちなみに、海外でもまれにGKによるゴールがありますが、個人的に最もすごいと思ったのがこちら↓


 詳細不明ですが、自陣内からドリブル突破を開始して、最後は強烈なミドルシュートを叩き込んでいます!果たして、Jリーグにもドリブルが得意なGKは現れるのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク