【Jリーグ】サポーターの“おこづかい”が多いクラブランキング;金満浦和と貧乏新潟の格差がスゴイ!

スポンサーリンク

 Jリーグが、2016年の観戦者調査を発表しました。来場者にアンケートした結果として、各クラブの観客の平均おこづかい金額が公開されています。サポーターの懐が暖かかった昨年のJ1クラブランキングは以下の通りです。
※“おこづかい”の定義は、観戦者が1ヶ月にレジャーや趣味目的で自由に使える金額です。

●月額おこづかいランキング
1位 浦和 49100円
2位 横浜 42700円
3位 川崎 42600円
4位 名古屋42500円
5位 東京 42100円
6位 柏  41100円
7位 G大阪 40700円
8位 大宮 39000円
9位 鹿島 38100円
10位 広島 35400円
11位 仙台 35200円
12位 神戸 35100円
13位 磐田 34800円
14位 湘南 33500円
15位 鳥栖 31900円
16位 福岡 30100円
17位 甲府 30000円
18位 新潟 27000円

 トップの浦和のサポーターは、最下位の新潟に比べて1.82倍ものおこづかいを手にしています。新潟はエースFWのラファエル・シルバが浦和に引き抜かれましたが、それも納得という圧倒的な資金力の差です。なお、全体平均は35400円でした。

 次に、月額おこづかいが10万円以上である観客の比率を見てみると、
スポンサードリンク
●おこづかい月額10万円以上の観客比率ランキング
1位 浦和 15.8%
2位 東京 13.9%
3位 名古屋12.7%
4位 川崎 12.3%
5位 G大阪 10.9%
6位 柏   8.8%
6位 横浜  8.8%
8位 広島  8.1%
9位 鹿島  7.4%
10位 磐田  7.2%
11位 鳥栖  6.9%
12位 仙台  6.8%
13位 神戸  6.7%
14位 大宮  6.1%
15位 福岡  5.5%
16位 甲府  4.6%
17位 新潟  4.6%
18位 湘南  4.0%

 小遣いが月に10万円を超えるお金持ちが最も多いのは、浦和レッズでした。6,7人に1人は10万円以上のお金を自由に使えるというのは、かなりすごいですね。

 逆に下位クラブを見てみると、お金持ちの割合が6%以下の4クラブ(福岡、甲府、新潟、湘南)はいずれもリーグ戦年間順位が14位以下でした。サポーターの懐事情とクラブの強さには密接な関係があるようです(お金持ちなのにJ2降格した名古屋はお金の使い方が・・・)。

 さて、今度は月間のお小遣いが1万円未満の観客の割合を見てみると、




●おこづかい金額1万円未満の観客比率ランキング
1位 新潟 19.5%
2位 福岡 15.3%
3位 甲府 11.2%
4位 鳥栖 10.7%
5位 磐田 10.5%
6位 G大阪 9.3%
7位 東京  9.0%
8位 広島  8.4%
9位 湘南  8.1%
10位 神戸  7.6%
11位 鹿島  7.4%
12位 名古屋 7.3%
13位 仙台  7.1%
14位 横浜  6.8%
15位 浦和  6.7%
16位 大宮  4.6%
17位 柏   4.4%
18位 川崎  4.4%

 おこづかいが少ないサポーターの割合が最も高いのは新潟でした。5人に1人が1万円以下のお小遣いをやりくりしてスタジアムに足を運んでいます。クラブとしては、彼らの忠誠心に勝利で報いてあげたいところですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク