【鹿島】開幕戦で時間当たりパス成功数が多かった選手ランキング;永木亮太驚きのパス成功率100%!

スポンサーリンク

 Jリーグ開幕戦のFC東京戦で、最も多くのパスを出していた鹿島の選手は誰でしょうか。今回の記事では、90分あたりのパス成功数ランキングをまとめました。以下の通りです。
※データは、ニッカンサッカープレミアムを参照いたしました。非常に参考になるサイトなので、気になる方はご登録を。
2017y02m28d_211726424
スポンサードリンク
 ダントツの数字を残したのが、日本代表MF永木亮太。後半23分にMF小笠原満男に代わって投入されると、わずか22分間で30本のパスを出し、なんとその全てに成功しています。

 また、パス数が最も多かったのは、MFレオ・シルバ。60本のパスを出して、90%という高いパス成功率を誇りました。MF柴崎岳がスペインへ移籍しましたが、永木&レオの強力ボランチコンビは大変期待できそうです。

 一方、残念な数字だったのが、サイドバック陣。DF西大伍の負傷退場で不慣れな右サイドバックに回ったDF山本脩斗のパス成功率は64%、左サイドバックに入ったもののオウンゴールを犯してしまったDF三竿雄斗のパス成功率は68%です。特に三竿雄斗には早めに汚名返上してもらいたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク