【Jリーグ】開幕スタメンに生え抜き選手が多いクラブランキング

スポンサーリンク

 2017年のJリーグが開幕しました。開幕戦のスタメンは各クラブの顔となる選手が揃っています。今回の記事では、J1各クラブについて開幕スタメンに入った生え抜き選手の人数が多い順にランキングしました。以下の通りです。
※生え抜きの定義は、プロ入り後に1つのクラブのみと契約していることとします。ただし、他クラブへのレンタル移籍については許容します。

1位 川崎フロンターレ 6人
DF登里享平、DF谷口彰悟、DF車屋紳太郎、MF大島僚太、MF中村憲剛、FW小林悠

1位 ベガルタ仙台 6人
GK関憲太郎、MF菅井直樹、DF永戸勝也、MFリャン・ヨンギ、MF富田晋伍、MF奥埜博亮

1位 清水エスパルス 6人
DF犬飼智也、MF六平光成、DF松原后、MF白崎凌兵、MF河井陽介、FW金子翔太

4位 鹿島アントラーズ 5人
DF昌子源、DF植田直通、MF土居聖真、MF遠藤康、MF小笠原満男
スポンサードリンク
4位 柏レイソル 5人
GK中村航輔、DF中谷進之介、DF中山雄太、MF小林祐介、MF大谷秀和

4位 横浜Fマリノス 5人
GK飯倉大樹、MF喜田拓也、MF齋藤学、MF天野純、FW富樫敬真

4位 アルビレックス新潟 5人
DF大野和成、DF酒井宣福、MF小泉慶、MF加藤大、MF原輝綺

8位 ガンバ大阪 3人
DF藤春廣輝、MF井手口陽介、MF倉田秋

8位 FC東京 3人
DF室屋成、DF丸山祐市、MF橋本拳人

8位 ヴァンフォーレ甲府 3人
GK岡大生、MF橋爪勇樹、FW河本明人

11位 サンフレッチェ広島 2人
MF青山敏弘、MF森島司

11位 サガン鳥栖 2人
DFキム・ミンヒョク、MF鎌田大地

11位 コンサドーレ札幌 2人
MF深井一希、MF宮澤裕樹

11位 セレッソ大阪 2人
GKキム・ジンヒョン、DF丸橋祐介

15位 浦和レッズ 1人
MF宇賀神友弥




15位 大宮アルディージャ 1人
MF大山啓輔

15位 ヴィッセル神戸 1人 
DF岩波拓也

15位 ジュビロ磐田 1人
DF山本康裕

 生え抜きが最も多いのは、川崎、仙台、清水の3クラブ。6人ということで、過半数を生え抜き選手で占めました。強豪の川崎は、ここに家長(前大宮)、阿部(前G大阪)を加えて初タイトルを狙います。

 逆に最も生え抜きが少ないのは、浦和、大宮、神戸、磐田で1人だけ。昨年のルヴァン杯王者・浦和は、西川、槙野、森脇、柏木と元広島の4選手を中心とした構成です。

 昨年のJリーグ王者・鹿島は5人で4位。去年は7人(曽ヶ端、植田、昌子、柴崎、小笠原、遠藤、赤崎)だったので、2人減りました。そこにクォン・スンテ、レオ・シルバという大物外国人選手が入ってきた形ですね。

 生え抜きが多いクラブ、移籍組が多いクラブ、今年のJリーグを制するのは果たしてどちらでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク