【Jリーグ】解説者予想平均順位ランキング;J1優勝は鹿島、J2は松本!?

スポンサーリンク

 スカパーの解説者である金田喜稔氏、福田正博氏、山口素弘氏、小村徳男氏、鈴木隆行氏、後藤健生氏の6人が、今季のJ1リーグおよびJ2リーグの順位予想を行いました。今回の記事では、彼らの予想平均順位に基づいてJ1/J2の下馬評ランキングをまとめていきます。まずJ1は以下の通りです。
2017y02m19d_213810053
スポンサードリンク
 本命鹿島、対抗浦和ということでほぼ意見が一致しました。後藤氏を除く5者が「鹿島優勝、浦和2位」と予想し、後藤氏のみが「浦和優勝、鹿島2位」と予想しました。これに続くのが、G大阪、広島、FC東京、川崎。個人的にはACL不出場の広島やFC東京は不気味に感じます。

 残留争いに目を向けると、昇格組の札幌と清水は厳しい評価。一方、昇格プレーオフを勝ち抜いたC大阪は清武加入効果か残留できそうとみられています。この他、仙台、新潟、甲府あたりが危ないとの予想。

 続いて、J2は以下の通りです。
2017y02m19d_202319463




 最も平均予想順位が良かったのは、昨年3位ながら昇格を逃した松本でした。ただ、6人ともが「2位」予想で、優勝を予想した人がいないのは興味深いですね。この松本に続く評価は、降格組の名古屋と湘南。この3クラブが優勝争いの中心となりそう。彼らに続く京都、福岡、千葉、岡山、横浜といったクラブが昇格プレーオフ圏内に絡みそうでしょうか。

 残留争いでは、金沢と讃岐が厳しい評価。この2クラブの他は、岐阜、水戸、群馬、大分といったクラブの下馬評が低いようですね。

 J1/J2共に解説者の予想は当たるのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク