【Jリーグ】J1各クラブの目標一覧!全タイトル制覇から残留狙いまで

スポンサーリンク

 J1の全クラブが、新体制発表会を終え、2017年シーズンに向けて本格始動しました。各クラブの監督や社長などがそれぞれ今年の目標を語っていますが、クラブによって目標は様々。今回の記事では、目標を一覧にしてみました。以下の通りです。

昨年優勝:鹿島アントラーズ(勝ち点59)
・ACLを含めた全タイトル制覇 ・年間勝点75以上(新記録狙い)
スポンサードリンク
昨年2位:浦和レッズ(勝ち点74)
・Jリーグ優勝

昨年3位:川崎フロンターレ(勝ち点72)
・初タイトル獲得

昨年4位:ガンバ大阪(勝ち点58)
・ACL優勝

昨年5位:大宮アルディージャ(勝ち点56)
・リーグ戦7位-12位 ・年間勝点48

昨年6位:サンフレッチェ広島(勝ち点55)
・タイトル獲得 

昨年7位:ヴィッセル神戸(勝ち点55)
・初タイトル獲得

昨年8位:柏レイソル(勝ち点54)
・リーグ戦3位以上(ACL出場権獲得) ・勝ち点60以上

昨年9位:FC東京(勝ち点52)
・ACL出場権獲得(リーグ3位以上or天皇杯制覇)




昨年10位:横浜F・マリノス(勝ち点51)
・ACL出場権獲得(リーグ3位以上or天皇杯制覇)

昨年11位:サガン鳥栖(勝ち点46)
・初タイトル獲得

昨年12位:ベガルタ仙台(勝ち点43)
・リーグ戦5位以内 ・天皇杯決勝進出 ・ルヴァンカップ準決勝進出

昨年13位:ジュビロ磐田(勝ち点36)
・リーグ戦得失点差0以上(得失点差0ならリーグ順位9位前後)

昨年14位:ヴァンフォーレ甲府(勝ち点31)
・リーグ戦10位以内 ・年間勝点41以上

昨年15位:アルビレックス新潟(勝ち点30)
・初タイトル獲得

昨年J2優勝:コンサドーレ札幌
・J1残留(リーグ戦15位以内)

昨年J2の2位:清水エスパルス
・リーグ戦1桁順位 ・年間勝点50以上

昨年J2の4位:セレッソ大阪
・リーグ戦9位

 大まかにまとめると、




・タイトル狙い
 鹿島/浦和/川崎/G大阪/広島/神戸/鳥栖/新潟

・上位進出狙い
 柏/東京/横浜/仙台

・残留狙い
 大宮/磐田/甲府/札幌/清水/C大阪

 という感じですね。

 最も高い目標を掲げたのが、昨年王者の鹿島。ACLを含めた全タイトル制覇を目指し、FWペドロ・ジュニオール、MFレアンドロ、MFレオ・シルバ、GKクォン・スンテなどの大型補強を敢行しました。

 少し変わっているのがガンバ大阪。リーグではなく、ACLでの優勝を目標に掲げています。




 意外な目標といえるのが、昨年5位と躍進した大宮。リーグ戦7-12位という、きわめて現実的な目標を掲げました。“残留のプロ”らしいシビアな判断。

 逆に、かなり高い目標と感じるのが、アルビレックス新潟。三浦文丈新監督が、「一つでも上の順位を目指し、タイトルも狙いたい」と語っています。ただ、新潟は毎年「ACL出場権獲得」を目標に掲げつつ、しっかりJ1残留を勝ち取っているので、少し高いくらいの目標のほうが結果的に良いのかもしれません。

 果たして、目標を達成できるクラブはいくつあるでしょうか?もし良ければ下記アンケートから、目標を達成できそうなクラブ一覧を選んでいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク