【動画】韓国代表GKクォン・スンテを鹿島が獲得か!?追加人件費5億円の使いみち

スポンサーリンク

 鹿島アントラーズは今年から人件費を5億円増やすことを発表しています。では、その5億円でどれだけの大型補強を行ったのだろう、となりますが、ここで大きなミステリーが出てきます。昨年開幕時点と比較した際の、現時点での入退団選手の推定年俸(昨年度のもの)を一覧にすると、以下の通りです。

入団 合計2億520万円
FWペドロ・ジュニオール 8000万円
MFレオ・シルバ 5000万円
MFレアンドロ 3600万円(今季レンタル料)
DF三竿雄斗 2500万円
FW金森健志 700万円
FW安部裕葵 360万円(新入団/今季推定)
DF小田逸稀 360万円(新入団/今季推定)
スポンサードリンク
退団 合計2億7060万円
FWジネイ 5000万円
MF柴崎岳 5000万円(正式発表前)
MF青木剛 3500万円
DFファン・ソッコ 3500万円
GK櫛引政敏 3000万円
MFカイオ 3000万円
FW高崎寛之 2500万円
MF杉本太郎 480万円
MF大橋尚志 360万円
MF平戸太貴 360万円
FW垣田裕暉 360万円

 まとめてみると、昨年開幕時点に比べて、年俸総額はむしろ6500万円も下がる計算です。高年俸選手の退団がこの1年で相次ぎましたからね。もちろん、新加入のペドロ・ジュニオールやレオ・シルバを引き抜く際に年俸をアップさせた可能性は高いですが、それを考慮しても年俸総額が大して上がるようには思えません。優勝報酬として既存の選手、さらには選手以外の監督やコーチ、スタッフの給与をアップさせることもあり得ますが、やはり5億円を使い切るとはとても思えません。

 それでは、果たして増えたはずの人件費5億円はどこに行くのでしょうか?ここで鹿島サポとして期待したい仮説は、「新体制発表会用のサプライズ補強が決まっている」のではということ。去年はいきなり金崎夢生の復帰が発表されて度肝を抜かれましたが、今年も水面下で大物選手獲得が進んでいる可能性です。通常の外国人選手枠は、すでにペドロ・ジュニオール、レオ・シルバ、レアンドロ、ブエノといっぱいなので、補強対象は現在不在のアジア枠の選手が現実的。

 そんな状況下で、韓国からビッグニュースが飛び込んできました。鹿島が韓国代表GKクォン・スンテの獲得を狙っているというのです。全北現代に所属するクォン・スンテは、Kリーグで唯一の3年連続ベストイレブン受賞中という超大物。昨年はACL優勝に大きく貢献しました。ただ、全北は審判買収問題で今年のACL出場権が剥奪されたばかり。スンテとしては、ACLに出られる鹿島からのオファーは魅力的なはずです。そのスンテの動画は以下の通り。


 今鹿島が獲得できるかもしれないGKとしては、間違いなく最高クラスと言えるでしょう。32歳と決して若くないのが気にはなりますが、37歳の曽ヶ端だけに頼るのも不安。スンテが加入すれば大きなプラスです。追加人件費の5億円は余っているはずですから、鹿島には頑張ってほしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク