DAZNでJリーグをPC/スマホ観戦して感じた14のポイント

スポンサーリンク

 今日は、スポーツ動画配信サービスDAZN(ダ・ゾーン)による、初めてのJクラブの試合中継日でした。JリーグDAZNニューイヤーカップ沖縄ラウンド第1戦:千葉vs琉球を見て感じた14のポイントをまとめてみました。

良かったところ
1. 登録はお手軽1分!
 DAZNへの登録ですが、ビックリするほど簡単。入力するのは、

・クレジットカード情報
・メールアドレス
・パスワード

のみ。あっという間に終わります。
スポンサードリンク
2. 登録後1か月間は無料
 登録してから1か月はお試し期間ということで無料。「DAZNって大丈夫なの?」と登録をためらっている方は、とりあえず1か月間お試ししてみては?

3. 操作は簡単
 PCとスマホで視聴してみましたが、PCの場合はsilverlight(プラグイン)、スマホの場合はアプリをインストールするのみですぐに利用できます(silverlightはすでにインストール済みの方も多いかも)。ほんの数クリックで終わるお手軽作業です。
 見たい番組の選び方については、非常に体感的で困る要素はないかと。特に操作面の不満はありませんでした。

4. PC/スマホ同時視聴可能
 PCとスマホの両方で同時に視聴することができました。違う番組を同時に見ることも可能です。観たい試合が複数ある時には非常に便利。また、外出先でもスマホで簡単に観られるのは嬉しいですね。

5. 巻き戻し再生や一時停止は簡単
 「今のプレーをもう1回みたい!」、「ゴールシーン見逃した!」というようなことありますよね。そんなとき、DAZNならすぐに巻き戻して何度でも確認できます。また、突然の来客などが入っても、動画を一時停止しておいて、そこから再開できるので安心です。

6. 日本語解説・実況・リポーター完備
 試合映像を流すだけではなく、実況・解説・リポーターもしっかりついています。自分は千葉や琉球の選手について知らない部分も多いですが、特に分かりにくいとは感じませんでした。

7. インタビューやハイライトも見られる
 試合前後やハーフタイムの放送ですが、選手や監督のインタビュー、ハイライト動画、スタッツ紹介などがあります。必要なものは十分ついてくる印象。

8. 見逃し配信の提供が早い
 生中継を見逃した人向けに、「見逃し配信」もされています。少なくとも試合終了数十分後の段階では、すでに視聴可能でした。これは嬉しいサービス。

9. 他のスポーツも見る人にはコスパ最強
 他の番組リストも観てみたのですが、「月額1980円(税込み)でこんなに観られるの!」という驚きのコスパの良さ。例えばブンデスリーガの中継があるので、日本代表FW対決となる大迫勇也所属ケルンvs武藤嘉紀所属マインツの試合が今晩観られます。他にも、セリエA、広島カープ、F1、テニス、NBAなどなど。
 私は格闘技の試合も観るのですが、世界で最も人気の格闘技大会であるUFCの中継も。今観られる大会だと、世界で110万件購入された超人気大会のUFC207がありますが、この大会を普通に視聴しようとすると3000円強の料金がかかります。この1大会だけでも、DAZNの1980円のもとは取れてしまいます!

悪いところ
10. 画質はお世辞にも良くない
 スマホの小さな画面であればそこまで気にならないのですが、PCだと画質の粗さが目立ちます。ずっと見ていると、目の疲れが・・・。選手のアップ画像だときれいなのですが、全体を映す引きの画像だとイマイチ。DAZNの推奨している回線速度は満たしているので、現状ではこれがDAZNの限界の画質ということのようです。
 ちなみに、ブラウザーとして、Edge、firefox、chromeをそれぞれ試してみたところ、Edgeが一番きれいに見えるようですね。

11. タイムラグが大きい
 PCとスマホで同時視聴すると、スマホの方が20秒程度遅れて動画が配信されました。これだけタイムラグが大きいと、「twitterを見つつサッカー観戦」というやり方は難しいですね。

12.微妙に動画が止まる瞬間が
 ほんの1秒程度ではありますが、何度か動画が止まりました。致命的なものではないのですが、やっぱり気になりますね。

13. そもそもクレジットカードがないと登録できない
 ポイント1で、「クレジットカード情報があれば登録は簡単」と書きましたが、DAZNはクレジットカードがないと、お試し登録すらできないんですよね。せっかくインターネット配信が始まるので、学生などの若い世代を取り込みたいところですが、彼らはクレカを持っていないケースが多いはず。Jリーグサポーターの高齢化を促進してしまうような・・・。

番外編
14. 千葉が弱いのか、琉球が強いのか
 これはDAZNとは全くの無関係ですが、本日の試合では、J2の千葉をJ3の琉球が3-1で下すという波乱。どちらが格上か分からない内容でした。特に千葉の3失点目では、「ゴール方向に向かって思い切りよくバックパスし、なんとかヘディングでクリアしようとしたGKの頭上を超えて虚しくオウンゴール」という、年間トップクラスの珍プレーが早くも登場。プレシーズンマッチとはいえ、千葉の出来が心配です。

 以上、DAZN初観戦の感想をまとめてみました。「1か月無料」なので、Jリーグサポーターはまずは試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク