“勝つだけの”鹿島のサッカーはつまらないのか?勝利至上主義鹿島とパス至上主義川崎の比較から考える

スポンサーリンク

 元日の天皇杯決勝戦、鹿島アントラーズが川崎フロンターレを下し、優勝を飾りました。この試合後で意外に思ったことがあります。それは川崎サポーターが負けても、「川崎のサッカーは面白かったから満足。鹿島のサッカーは勝つだけのつまらないサッカー。」と語る人が多かったことです。

 まず、川崎のサッカーとは何かということですが、ボールを支配してショートパスにこだわるサッカーのことを指すようです。例えば、天皇杯決勝戦でもそれは明確でした。鹿島はチャンピオンシップ→クラブワールドカップ→天皇杯と続く10連戦目で疲労がピークであったため川崎よりも走行距離が少なく、また左サイドバックの山本脩斗が怪我で前半終了後に退いたので急遽CBのファン・ソッコが代役を務めました。そのため、川崎はピッチを広く使って鹿島を走らせ、特にファン・ソッコの裏のスペースを狙えば大幅に勝率が上がるのですが、そうはせずに最後までショートパスでの中央突破にこだわりました(下のヒートマップを見ると、川崎が常に中央のみを攻めたことがわかります)。結果、川崎はボール支配率では57%と圧倒しました。しかし、鹿島としてはゆったり中央で待ち構えて、そこからボールを奪ってカウンターをしかけるだけでOKという簡単な試合に。延長戦では何度もチャンスを作ることが出来、決勝ゴールを決めました。


スポンサードリンク
 端的に言うと、川崎の風間前監督は、自身が指揮した5年間の集大成となる試合において、初タイトルよりも、「川崎のサッカー」を貫くことを選択したわけです。

 これがプロとして正しいかどうかですが、「正しい」と判断できます。何故かというと、風間政権下で川崎の観客動員が増え続けているから。2012年以降の川崎の1試合当たり観客動員数は、

2012年 17807人
2013年 16645人
2014年 16662人
2015年 20999人
2016年 21522人

 就任1年目は思ったようなパスサッカーが実現せずに翌年の観客を減らしましたが、それ以降はサポーターを魅了して観客が増え続けています。結局のところ、サッカークラブはサービス業の一つであり、顧客であるサポーターの満足度を高めることこそが「プロの仕事」と言えます。よって、観客を増やすことが出来た「川崎のサッカー」は「川崎サポーターのニーズ」を満たす「プロの仕事」だったわけです。「勝利」よりも「ショートパス」にこだわることが、川崎サポーター向けのファンサービスとしては適切でした。

 一方、鹿島のサッカーがつまらないのかについてですが、鹿島も「プロの仕事」をしています。実際に、鹿島の過去10年間の平均観客動員数をまとめてみると、

2006年 15434人
2007年 16239人←優勝
2008年 19715人←優勝
2009年 21617人←優勝
2010年 20967人
2011年 16157人
2012年 15382人
2013年 16419人
2014年 17666人
2015年 16423人
2016年 20068人←優勝

 優勝する年に明らかに観客が増えているのがよくわかります。つまり、鹿島サポーターにとっては、「優勝するサッカー」が最も顧客満足度を高める「面白いサッカー」なわけです。

 この「鹿島のサッカー」について、OBの内田篤人は、サッカーダイジェスト号でこう語っています。

 鹿島は両方(パスサッカーも守備重視の戦術も)できるっちゃできるんだよね。ただ、1点を取ってリードしたら、守って、相手を適当に走らして、頑張るっていう感じだから。うまく戦う。それが勝ち方というのかな。例えば、力の差がある相手に苦戦したとしたら、試合を壊しちゃってもいい。「サッカーをやらない」という判断ができる。マイボールになったら大きく裏に蹴るとか、外に出すとか、サッカーをしない。そうやって相手にもサッカーをさせないで、自分たちのペースに引き込む。そういうこともできるから。

 勝利を至上として「サッカーをやらない」ことすらも選択肢に入れるのが、「鹿島のサッカー」。そして、それを「面白い」と感じてスタジアムに足を運ぶのが鹿島サポーターです。

 「鹿島のサッカー」が「面白い」のかどうかで意見が別れるのは、「川崎サポ」と「鹿島サポ」とでそもそもサッカーへのニーズが異なることに起因するのですね。こうしてみると、天皇杯決勝戦は、相手とは無関係にパスサッカー至上主義を最後まで貫いた川崎フロンターレも、相手を適当に走らしてうまく戦って勝利至上主義のリアリズムをみせた鹿島アントラーズも、それぞれの顧客ニーズを満たす最高の「プロの仕事」をしたことになります。クラブ毎にサポーターの好みに合わせた「自分たちのサッカー」をすることが、今後のJリーグ人気を拡大するために大切だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク