【動画】サッカー選手のTV出演本数ランキング;1位岡崎、2位バラエティ槙野、サッカー番組出演数最多植田他

スポンサーリンク

 現役のサッカー選手について、昨年のTV番組出演本数が多かった選手ランキングTOP30をまとめました。以下の通りです。なお、各選手が直近に出演した3番組のタイトルを併記しておきます。
※gooテレビ番組表(関東版)で調査。
※試合に出ていない選手(中山雅史など)は除外。

1位 岡崎慎司 85本
・報道ステーション
・全国高校サッカー選手権大会決勝ハイライト
・全国高校サッカー選手権 あす決勝SP
スポンサードリンク
2位 槙野智章 64本
・クイズ!ボンバーワン
・中居正広VS芸能人50人!世代別クイズバトル ジェネレーションチャンプ
・村上信五とスポーツの神様たち

3位 浅野拓磨 61本
・やべっちFC
・キリンチャレンジカップ
・2018FIFAワールドカップロシア アジア地区最終予選

4位 香川真司 56本
・明日へ−つなげよう−
・KYOKUGEN
・情熱大陸

4位 柏木陽介 56本
・スーパーサッカー
・日本サッカー応援宣言 やべっちFC
・サッカーJリーグチャンピオンシップ決勝第2戦

6位 植田直通 55本
・天皇杯全日本サッカー選手権決勝戦
・天皇杯全日本サッカー選手権準決勝
・FIFAクラブワールドカップ決勝戦

7位 長友佑都 53本
・1周回って知らない話
・スポーツLIFE HEROS
・王様のブランチ

8位 遠藤航 52本
・サッカーJリーグチャンピオンシップ決勝第2戦
・サッカーJリーグチャンピオンシップ決勝第1戦
・スーパーサッカー

9位 大久保嘉人 51本
・S☆1
・スポーツLIFE HEROS
・はじめてのおつかい!

10位 本田圭佑 45本
・スーパーサッカー
・あさチャン!
・Going! Sports&News

11位 清武弘嗣 37本
・日本サッカー新時代 〜2018年への旅〜
・やべっちFC
・元日はTOKIO×嵐

11位 原口元気 37本
・スポーツLIFE HEROS
・NEWS23
・ユアタイム〜あなたの時間〜

13位 金崎夢生 36本
・スーパーサッカー
・FIFAクラブワールドカップ決勝戦
・FIFAクラブワールドカップ準決勝

13位 遠藤保仁 36本
・KYOKUGEN
・ザ!大晦日!DASH!!
・Going! Sports&News

13位 宇佐美貴史 36本
・炎の体育会TV
・SPORTS ウォッチャー
・スポノミクス

16位 長谷部誠 35本
・REAL IMPACT 岡崎慎司 30歳の葛藤
・日本サッカー応援宣言 やべっちFC
・はやドキ!

17位 中村憲剛 34本
・NEWS23
・はじめてのおつかい!
・天皇杯全日本サッカー選手権決勝戦

17位 三浦知良 34本
・ものスタ
・S☆1
・Going! Sports&News

17位 宮間あや 34本
・アスリートの魂
・おはスタ
・サッカー女子リオデジャネイロ五輪アジア最終予選

20位 クリスティアーノ・ロナウド 32本
・FIFAクラブワールドカップ決勝戦
・FIFAクラブワールドカップ準決勝
・レアルマドリード&南米王者出場サッカークラブW杯!いよいよ準決勝

21位 昌子源 31本
・天皇杯全日本サッカー選手権決勝戦
・天皇杯全日本サッカー選手権準決勝
・NEWS ZERO

22位 西川周作 28本
・はやドキ!
・NEWS23
・日本サッカー応援宣言 やべっちFC

22位 森重真人 28本
・有吉ゼミ
・スーパーサッカー
・FIFAクラブワールドカップ決勝戦

24位 大島僚太 27本
・天皇杯全日本サッカー選手権決勝戦
・天皇杯全日本サッカー選手権準決勝
・ユアタイム〜あなたの時間〜

24位 中島翔哉 27本
・2016JリーグYBCルヴァンカップ準決勝
・サタデースポーツ
・スーパーサッカー

26位 中村俊輔 26本
・SPORTS ウォッチャー
・スーパーサッカー
・KYOKUGEN

27位 柴崎岳 24本
・天皇杯全日本サッカー選手権決勝戦
・天皇杯全日本サッカー選手権準決勝
・スーパーサッカー

28位 吉田麻也 22本
・とんねるずのスポーツ王は俺だ!! 直前スペシャル
・日本サッカー応援宣言 やべっちFC
・2018FIFAワールドカップロシア アジア地区最終予選

28位 南野拓実 22本
・リオデジャネイロオリンピック
・サッカー U-23日本男子代表 国際親善試合
・トゥーロン国際サッカー大会

28位 興梠慎三 22本
・SPORTS ウォッチャー
・サッカーJリーグチャンピオンシップ決勝第2戦
・サッカーJリーグチャンピオンシップ決勝第1戦

 最もテレビ番組に出演したサッカー選手は、日本代表FW岡崎慎司でした。岡崎は、イングランド・プレミアリーグで創設132年目にして奇跡の初優勝を成し遂げたレスターの一員だったことで大ブレイク。一般のニュース番組でも多く取り上げられたほか、『クローズアップ現代+』や『バース・デイ』などのドキュメンタリー番組にも取り上げられました。


 国内組最多は、浦和レッズ所属の日本代表DF槙野智章。彼の特徴はバラエティ番組への出演が非常に多いことです。一方、サッカー番組での出演本数が最も多かったのは、日本代表DF植田直通。リオ五輪アジア最終予選→トゥーロン国際サッカー大会→リオ五輪本大会→Jリーグチャンピオンシップ→クラブワールドカップ→天皇杯と地上波放送のある注目の試合に出続けました。

 バラエティ好きの槙野と、サッカー漬けの植田の良い対比となるのが、以下の動画。チャンピオンシップで敗れて早めのオフに入りバラエティ出演に精を出す槙野が、勝ち続けてオフに入らないままレアル・マドリードなどとの激闘中である植田のことを、持ちネタとしてバラエティ番組で披露する場面がありました。


 明るいキャラクターで一般向けにサッカー界のアピールをしやすい槙野も、無口な九州男児として試合の中で被災地・熊本に勇気を届ける植田も、今年もテレビ出演に注目ですね。なお、海外選手としてはクリスティアーノ・ロナウドが32本、女子選手としては宮間あやが34本でランクインしています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク