【Jリーグ】山口蛍「髪を染めると力が出る」は間違いだと統計学で証明!J1クラブ別金髪/茶髪率ランキング

スポンサーリンク

 セレッソ大阪のユン新監督が、主力選手の日本代表MF山口蛍の金髪にダメ出しをしたところ、山口は「髪を染めれば、自分でも見えないところから力が湧く」と力説したそうです。髪を染めると成績アップの効果はあるのでしょうか?

 これを検証するため、昨年のJ1に所属した全18クラブのうち髪色に関するクラブ規定がある名古屋グランパスとサガン鳥栖を除く16クラブについて、リーグ戦最終節にスタメン出場した日本人選手の金髪・茶髪率を調べて、髪を染めている選手の率が高い順にランキングしました。以下の通りです。
※髪色の判定にはFootball LABの写真を用いました。なので、撮影時点での髪色で判断しています。また、暗めの茶髪は見落としているかもしれませんが、そこはご容赦ください。なお、スキンヘッドの選手はどちらのグループからも除外しています。

1位 アビスパ福岡(リーグ最下位) 茶髪率:100%
茶髪:GK兼田、DF濱田、DF田村、DF中村、DF亀川、MF三門、MF末吉、FW邦本、FW金森
スポンサードリンク
2位 ヴァンフォーレ甲府(リーグ14位) 茶髪率:88.8%
茶髪:GK河田、DF津田、DF山本、DF橋爪、DF松橋、MF新井、MF黒木、MF稲垣
黒髪:MF田中
(スキンヘッド:DF土屋)

3位 横浜Fマリノス(リーグ10位) 金髪・茶髪率:80%
金髪:DF小林
茶髪:GK榎本、DF中澤、DF金井、MF天野、MF前田、MF兵藤、MF齋藤
黒髪:MF喜田、FW富樫

4位 ガンバ大阪(リーグ4位) 茶髪率:75%
茶髪:GK東口、DF岩下、DF藤春、MF井手口、MF倉田、MF大森
黒髪:MF今野、MF遠藤

5位 ヴィッセル神戸(リーグ7位) 茶髪率:71.4%
茶髪:DF高橋、DF岩波、DF伊野波、DF橋本、FW渡邊
黒髪:MF藤田、MF三原

6位 柏レイソル(リーグ8位) 茶髪率:60%
茶髪:DF増嶋、DF鎌田、DF輪湖、MF武富、FW伊東、FW田中
黒髪:GK中村、DF中谷、MF小林、MF大谷

7位 サンフレッチェ広島(リーグ6位) 茶髪率:55.5%
茶髪:DF野上、MF清水、MF丸谷、MF青山、MF柏
黒髪:GK林、DF水本、DF塩谷、MF柴崎

8位 ジュビロ磐田(リーグ13位) 茶髪率:50%
茶髪:DF森下、MF宮崎、MF太田、MF松浦
黒髪:DF大井、MF山本、MF上田、MF川辺

9位 湘南ベルマーレ(リーグ17位) 茶髪率:44.4%
茶髪:DF三竿、MF奈良輪、MF藤田、FW高山
黒髪:GK梶川、DF島村、DF坪井、MF石川、MF山田

9位 ベガルタ仙台(リーグ12位) 茶髪率:44.4%
茶髪:GK関、DF平岡、MF三田、MF奥埜
黒髪:DF大岩、DF渡部、DF石川、MF富田、MF野沢

11位 アルビレックス新潟(リーグ15位) 茶髪率:40%
茶髪:GK守田、MF小泉、MF加藤、FW鈴木
黒髪:DF西村、DF増田、DF松原、MF小林、MF端山、MF成岡

11位 大宮アルディージャ(リーグ5位) 茶髪率:40%
茶髪:MF横谷、MF泉澤、MF江坂、MF家長
黒髪:GK塩田、DF奥井、DF菊地、DF河本、DF大屋、MF大山

13位 浦和レッズ(リーグ2位) 茶髪率:36.3%
茶髪:GK西川、MF関根、DF柏木、FW高木、
黒髪:DF森脇、DF遠藤、DF槙野、MF阿部、MF駒井、FW武藤、FW興梠

14位 川崎フロンターレ(リーグ3位) 茶髪率:22.2%
茶髪:DF車屋、DF登里
黒髪:GK新井、DF田坂、DF谷口、MF中村、MF長谷川、MF三好、FW大久保

15位 FC東京(リーグ9位) 茶髪率:27.2%
茶髪:MF田邊、MF水沼、MF東
黒髪:GK秋元、DF橋本、DF森重、DF丸山、DF室屋、MF梶山、MF中島、FW前田

16位 鹿島アントラーズ(リーグ優勝) 茶髪率:0%
黒髪:GK曽ヶ端、DF西、DF植田、DF昌子、MF永木、MF小笠原、MF遠藤、MF杉本、FW鈴木、FW金崎

 山口蛍の仮説に従うと、成績上位クラブほど髪を染めている選手が多いはずですが、実際には茶髪100%のアビスパ福岡が最下位、茶髪0%の鹿島アントラーズが優勝という結果でした。むしろ、逆効果のように見えます。

 そこで、「髪を染めると力が落ちる」という仮説の下、「茶髪率」と「リーグ順位」とに相関があるかを調べてみると(ここから先は難しい方は読み飛ばしてください)、r=0.50、t=2.16、p=0.04ということで、「髪を染める選手が少ないほどリーグ順位が上がる」という仮説が統計学的に有意であることが示されました。
※なんのこっちゃという方は、「髪を染める選手が多いチームは弱いよ。」ということが数学で証明されたとご理解ください。

 ただ、黒髪強制令が出ている名古屋が降格したことからわかるように、強制されて髪色を戻すのでは効果はないです。自主的に規律を重んじられる選手が多いのかが重要ということでしょう。

 ちなみに、セレッソ大阪の金髪・茶髪率は88.8%。今季のJ1で残留できるのかは、ユン新監督に強制される前に選手たちの考えが変わるのかにかかっているかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク