【鹿島】山本脩斗は労災申請すべき!過密9連戦の出場時間ランキング

スポンサーリンク

 Jリーグ優勝、クラブワールドカップ準優勝、天皇杯決勝進出と勢いが止まらない鹿島アントラーズ。しかし、勝てば勝つほど試合数が増えるので、11月23日以降で本日が9試合目という過密日程が続いています。エースFW金崎夢生など怪我人が続出していますが、本日の試合中ではDF山本脩斗が足を痛める場面がありヒヤリとしました。

 それでは、この過密9連戦で最も多く試合に出ている選手は誰でしょうか。出場時間ランキングをまとめました。以下の通りです。
2016y12m29d_172445558
スポンサードリンク
 フル出場は、GK曽ヶ端準、DF山本脩斗、DF昌子源の3人。GKという特殊なポジションで連戦に対応しやすい曽ヶ端、まだ24歳と若く運動量が少なめなCBを務める昌子はともかく、31歳のベテランの上に激しい上下動が求められるSBの山本の負担を考えるとブラック企業状態です。そんな中、試合終盤で足を痛めた山本ですが、本日の鹿島選手の走行距離ランキングは以下の通り。

走行距離ランキング
山本  11.83km
永木  11.25km
柴崎  11.06km
中村  10.67km
伊東  10.53km
植田  10.05km
土居  10.02km
昌子  9.72km
小笠原 8.81km
赤崎  7.72km
曽ヶ端 4.05km
鈴木  3.51km
遠藤  2.31km
ファブ 1.19km

 なんと、山本が一番走っているんですよね。しかも、トップスピード部門でも山本が時速31.1kmでトップでした。怪我しない方が不思議という酷使&貢献ぶりです。山本には申し訳ないですが、あと1試合元日だけ頑張ってもらって、ゆっくり休んでほしいです。1月下旬のタイ遠征は免除してあげてほしいです。

 ここ数年の鹿島は山本のバックアッパーが不在で山本に無理な負担をかけてきました。三竿雄斗を湘南から獲得したことで、来季からは山本の疲労が減るといいですね。(関連記事:山本vs三竿兄成績比較)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク