データで見るパス貢献度が高い鹿島所属選手ランキング

スポンサーリンク

 フットボールラボというサイトでは、パスを出した位置や成功数などのデータから各選手のパスでの貢献度を数値化しています。今回の記事では、このデータを参考にして、ファーストステージで先発起用されたことがある鹿島アントラーズのフィールドプレーヤー18人を、出場時間90分当たりのパス貢献度順にランキングしてみました。以下の通りです。
2016y06m30d_005852849
スポンサードリンク
 ポジション別に分析してみましょう。まずFWですが、金崎がトップで、土居が2番目。レギュラー起用されている二人はパス能力でも頭一つ抜けているようです。

 OMFとしては遠藤が全体トップ。遠藤を中心とした右サイドでのパス回しが鹿島の攻撃の強みになっています。カイオも全体3位と好成績。杉本と中村はレギュラー陣に差をつけられています。

 DMFでは永木が柴崎、小笠原を上回りました。パス能力を見る限り、永木にもう少し出場機会を与えてみてもよい気がします。

 SBの中では西がトップ。遠藤とのパス交換が多いのが特徴ですね。ただ、伊東もさほど差をつけられずに健闘しています。

 CBとしては、植田が最高点。正確なフィードを通す場面が多いですよね。一方でブエノはパスが弱点なようです。

 永木を除くと、レギュラー組とサブ組の差が目立つ結果だったように思います。サブ組はレギュラー組を脅かすべく、パススキルを磨いてほしいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク