【Jリーグ】歴代年俸ランキング;三浦知良、ジーコ他

スポンサーリンク

 日本代表FW小林悠が、他クラブからのオファーを断り川崎フロンターレに残留することを決めました。彼には、サガン鳥栖が年俸1億8000万円、ヴィッセル神戸が1億7000万円でオファーしたそうです。

 果たして、この金額は過去の選手と比較すると、どの程度の評価なのでしょうか?それを検証するため、過去のJリーガー高額年俸ランキングをまとめてみました。以下の通りです。
2016y11m27d_120249659
スポンサードリンク
 Jリーグ史上最高年俸は、元ウルグアイ代表FWフォルランの3億4650万円。日本人最高は、三浦知良の2億4000万円でした。

 そして、小林悠に提示された1億8000万円は、Jリーグ史上7位タイ、日本人史上2位タイに匹敵する数字でした。ジーコや小野伸二、遠藤保仁と同額なのですから驚きです。DAZNによる放映権料アップを受けて、Jリーガーの年俸にバブルが起こっているのかもしれませんね。

 参考までに、今季のサガン鳥栖の最高年俸は豊田陽平の8000万円、ヴィッセル神戸はレアンドロの1億2000万円。2人とも実績・実力で小林悠に劣るとは思いませんが、彼らの来季年俸はどうなるのでしょうか。ただ、小林悠はイケメン枠としてグッズ収入や観客動員増が見込めるので別枠なのでしょうか?豊田とレアンドロの来季年俸に注目したいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク