【Jリーグ】ベストイレブンをデータで選出!

スポンサーリンク

 今シーズンのJ1ベストイレブンを客観的なデータで選出してみました。具体的には、フィールドプレーヤーはポジション別に攻撃系4指標(枠内シュート数、ドリブル成功数、クロス成功数、スルーパス成功数)と守備系4指標(タックル成功数、インターセプト成功数、こぼれ球奪取数、自陣空中戦勝利数)の合計数が最も多い選手、ゴールキーパーはシュートセーブ率とロングパス成功率の和が最も多い選手を選出しています。

 それでは、2016年ベストイレブンは以下の通りです。
2016y11m27d_102521474
スポンサードリンク
 ポジション別の詳細なデータは、各リンク先をご覧ください。

センターフォワード:ハモン・ロペス(仙台)
同ポジションの選手の中で最多のドリブル及びクロス成功数を記録。

トップ下:中村憲剛(川崎)
圧倒的なまでのスルーパス成功数の多さが目立つほか、同ポジションの選手の中では最もインターセプト成功数が多い。

右サイドハーフ:伊東純也(柏)
ドリブル、クロス、スルーパスの全てが高水準な上、守備でもインターセプトなどで活躍。

左サイドハーフ:齋藤学(横浜)
ドリブル、スルーパスの圧倒的な多さ。

ボランチ:レオ・シルバ(新潟)
タックルによるずば抜けたボール奪取能力。

ボランチ:今野泰幸(G大阪)
ボランチとしては破格の空中戦能力。

右サイドバック:高橋峻希(神戸)
ドリブル、タックル、インターセプトと攻守両面で活躍。

左サイドバック:山本脩斗(鹿島)
空中戦などダントツの守備力。

センターバック:森脇良太(浦和)
こぼれ球奪取数のずば抜けた多さ。

センターバック:昌子源(鹿島)
タックルの多さで敵を制圧。

ゴールキーパー:林卓人(広島)
シュートセーブ率&ロングパス成功率のいずれもトップ。

 以上、客観的なデータのみに基づいて、年間貢献度が高いベストイレブンを選出しました。クラブ別に見ると、鹿島のみ2人で、あとは仙台、川崎、柏、横浜、新潟、G大阪、神戸、浦和、広島から1人ずつと10クラブにばらけています。

 実際のベストイレブンは実力とは無関係に「代表補正」で選ばれる選手が多いと思いますが、果たしてどうなるでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク