【鹿島】レオ・シルバ!PJ!高年俸選手引き抜き歴代ランキング

スポンサーリンク

 鹿島アントラーズはこれまで、J1他クラブからの主力選手の引き抜きはあまり行ってきませんでした。その鹿島が今オフは積極的に動いており、レオ・シルバ(新潟)やペドロ・ジュニオール(神戸)を獲得するのではないかと報じられています。

 それでは、今オフの鹿島の本気度はどの程度なのでしょうか?それを検証するため、2000年以降に鹿島がJ1他クラブから獲得してきた選手たちを、前所属クラブでの推定年俸順にランキングしました。TOP10は以下の通りです。
※推定年俸は全て日刊スポーツの名鑑を参照しています。
2016y11m20d_173310044
スポンサードリンク
 ペドロ・ジュニオールは1位タイ、レオ・シルバは5位タイに入りました。2012年にジュニーニョを獲得した時以来の国内大型移籍と言えます。しかも、同時に2人となると相当な本気度がうかがえますね。

 あとは、ペドロ・ジュニオールとレオ・シルバの来季年俸がいくらになるのかは気になります。ペドロ・ジュニオールはもともと8000万円ということで現在のクラブ最高年俸である小笠原満男と同額ですし、レオ・シルバには名古屋が年俸2億円を提示したそうですから鹿島も相当な金額を出したと予想されます。もしも小笠原以上の高年俸選手が一気に2人増えるとなると、他選手の年俸交渉への影響も大きそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク