山本脩斗が優秀選手賞に選ばれるべきであったことをデータで証明;山本vs車屋vs吉田vs藤春

スポンサーリンク

 Jリーグは18日、「2016 Jリーグ優秀選手賞」33名が決定したと発表しました。その中に含まれる左サイドバックは、車屋紳太郎(川崎)、吉田豊(鳥栖)、藤春廣輝(G大阪)の3名。鹿島アントラーズの山本脩斗は選外でした。

 それでは、山本脩斗は本当に車屋、吉田、藤春よりも実力で劣るのでしょうか?これを検証するため、この4選手について年間通算での攻守での貢献度が高い順にランキングしました。具体的には、攻撃系4指標(枠内シュート数、ドリブル成功数、クロス成功数、スルーパス成功数)と守備系4指標(タックル成功数、インターセプト成功数、こぼれ球奪取数、自陣空中戦勝利数)の合計数が多い順にまとめています。それでは、比較表は以下の通りです。(クリックで拡大します)
※データは全てニッカンサッカープレミアムのものを参照しました。面白いサイトなので、興味のある方はご登録を。
2016y11m19d_215826162
スポンサードリンク
 客観的にデータをまとめたところ、山本脩斗の合計値がダントツでトップでした。枠内シュート数、タックル成功数、インターセプト成功数、自陣空中戦勝利数の4部門で最高成績。守備面での貢献度は群を抜いています。守備は印象に残らないので、評価されないという事でしょうか?

 百歩譲って、優秀選手賞の選考には攻撃面での貢献度のみを参考にすると仮定すれば、山本脩斗ではなく車屋紳太郎と吉田豊が選出されたのは何とか納得できます。ただ、藤春廣輝の選出は絶対にありえません。枠内シュート数、ドリブル成功数、クロス成功数、スルーパス成功数、タックル成功数、インターセプト成功数、こぼれ球奪取数、自陣空中戦勝利数の全てで山本脩斗の方が上。明らかにレベルの違う選手です。藤春は五輪代表補正で選ばれたのかもしれませんが、五輪でも完全に貢献度はマイナスでしたからね。

 人気やイメージではなく実力で評価される仕組みを作らないと、現在の優秀選手賞は意味がないものと言えますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク