【Jリーグ】データで見る右サイドバックランキングTOP10;高橋峻希、西大伍他

スポンサーリンク

 今シーズンのJ1で、主に右サイドバックでプレーした選手を、年間通算での攻守での貢献度が高い順にランキングしました。具体的には、攻撃系4指標(枠内シュート数、ドリブル成功数、クロス成功数、スルーパス成功数)と守備系4指標(タックル成功数、インターセプト成功数、こぼれ球奪取数、自陣空中戦勝利数)の合計数が多い順にまとめています。それでは、ランキングTOP20は以下の通りです。(クリックで拡大します)
※合計値が同数の場合は出場時間が長い選手を上位に。
※データは全てニッカンサッカープレミアムのものを参照しました。面白いサイトなので、興味のある方はご登録を。
2016y11m18d_011430300
スポンサードリンク
 今季のJ1で最高成績を残した右サイドバックは、ヴィッセル神戸の高橋峻希。自身初となる全試合フル出場を達成した高橋は、ドリブル、タックル、インターセプトでトップの数字をマーク。今まで代表に縁がないものの、攻守に安定したパフォーマンスを見せています。

 鹿島の西大伍は、3位にランクイン。スルーパスの数がトップでした。かつての内田篤人もそうでしたが、自らパスで攻撃を組み立てられるサイドバックは貴重です。今後は、クロスが上手い伊東幸敏とクラブ内でのポジション争いが激化すると思いますが、西も高い貢献度を維持しているだけに注目ですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク