FC東京戦プレビュー;ドリブル成功率70%の中島翔哉に気を付けろ!

スポンサーリンク

 明日、鹿島アントラーズはアウェーでFC東京と対戦します。怪我人の昌子、西、遠藤、中村が全体練習に復帰しており、彼らの活躍が楽しみです。

 さて、対戦相手のFC東京のキーマンになりそうなのが、“リオ五輪・背番号10”MF中島翔哉です。このところ5試合連続で起用されており、3得点の大活躍。鹿島戦でもスタメンが予想されます。

 その中島翔哉のデータを参照してみたところ、驚くべきはそのドリブル成功率の高さ。今季通算で20回以上のドリブルを成功しているミッドフィルダーに限ると、中島翔哉の成功率70%はなんとJリーグトップ!ちなみに、Jリーグを代表する主なサイドアタッカー達のドリブル成功率は以下の通り。
※データは全てニッカンサッカープレミアムを参照させていただきました。

中島 翔哉 70%
柏  好文 67%
泉澤  仁 63%
ミキッチ  56%
宇佐美貴史 56%
伊東 純也 54%
齋藤  学 52%
関根 貴大 44%
カイオ   42%

 中島翔哉のドリブル成功率は、日本代表の宇佐美貴史や齋藤学の上を行っています。ドリブルの切れに関しては、すでにフル代表級です。(というか、カイオのドリブル成功率低いですね(^^;)

 この中島のドリブルをいかに止めるかが鹿島の勝利のカギとなるでしょう。サッカーダイジェストの予想スタメンでは、左サイドハーフの中島に対面する鹿島の選手は、右サイドハーフに鈴木優磨、右サイドバックに伊東幸敏の名前が上がっています。奇しくも鈴木優磨、伊東幸敏の2人は、惜しくもリオ五輪代表のメンバーから漏れた選手です。代表のエースであった中島翔哉を封じ込めて、その実力を証明できるのか注目ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク